ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感   画像 ハイドランジア「筑紫の風」、希少な花色と重量感  

インバウンド・地域活性

 福岡県が育種したハイドランジア「筑紫の風」が流通業界から注目されている。開花から満開期にかけて鮮明な青とクリーム(白)の花色となる、八重手まり咲きの品種だ。卸売会社も「ボリュームがあり、こんなに青色がしっかり出ている花は珍しい」と強調。早くも来年の「母の日」ギフトとして注文が入っているという。

 県は、ボリューム感のある花が消費者から支持されていると、2000年前半から育種に着手。およそ10年かけ12年8月に農水省から品種登録出願が公表された。特徴は、八重手まり咲きの中で、従来の紫がかった青ではない、はっきりした青い花色だ。卸売会社は「最初はクリーム色、その後は白とのコントラストがきれいに出ている。こんなハイドランジアは見たことない」と希少性を指摘する。

 ボリューム感を出す装飾花数は28で、一重咲きの3倍以上の多さだ。出荷は3~6月で、「母の日」ギフト向けとして4、5月にピークを迎える。装飾花の中心がクリーム色の状態で咲き始め、満開期には中心が白と青色になる。夏場は緑になるなど、これまでのハイドランジアより長く楽しめる。

 県は八重手まり咲き品種を筑紫シリーズとして育種。濃いピンク色の花が咲く「筑紫ルビー」、淡いピンク色の花を見せる「筑紫の舞」に続く品種として育成した。14年の「ジャパンフラワーセレクション」の鉢物部門では、「筑紫の舞」がベストフラワー賞(優秀賞)に選ばれ、「筑紫の風」「筑紫ルビー」も入賞を果たすなど、シリーズとしての期待度も高い。

 「筑紫の風」の流通は昨年から始まったが、生産量が少なく予約注文で完売。東京都内の大手卸でさえ調達が難しい状態で、既に来年の「母の日」ギフトの注文も舞い込む。生産は「福岡あじさいの会」が手掛ける。メンバーの西岡宏祐さんは今年、1500鉢を栽培。「ここまで人気が出るとは思わなかった。来年は今の倍ぐらい増やしたい」と意欲的だ。
日本農業新聞

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

    西武ライオンズ創設40周年記念、メットライフドーム改修/VIPラウンジや砂かぶり席も

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 日本武道館、増築・改修へ実施設計着手/20年東京五輪で柔道、空手の試合

  6. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 羽田空港第2旅客ターミナル国際線対応施設、南側増築で機能強化

  8. 大丸心斎橋店本館を建替、ヴォーリズ建築の価値を継承

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

アクセスランキングをもっと見る

page top