グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録 画像 グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

マネジメント

 交通エコロジー・モビリティ財団は30日、グリーン経営認証で新たにトラック1事業所を登録したと発表。更新登録した運輸事業者一覧も公表した。

 新規登録されたのは丸三の本社営業所(神奈川県川崎市)。更新登録した運輸事業者は、トラック事業者が57、バス事業者が9、タクシー事業者が1、港湾運送事業者が1、倉庫事業者が9となった。

 同認証は、事業運営において環境負荷の少ないグリーン経営を実践している事業所であることを認めるもの。同財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上であるかを審査のうえ、認証・登録を行う。

 環境改善の努力を客観的に証明できるもので、認証取得にあたり環境改善の意欲の向上を図ることも狙いの1つ。これは一方で、事業運営そのものにも効果が現れ、2014年9月30日公表の「グリーン経営認証取得による効果(トラック、バス、タクシー、倉庫、港湾運送、旅客船、内航海運)-平成25年版-の検討結果」によると、認証取得2年後と取得前の車両平均燃費の比較で、車両総重量8トン以上のトラックは3.8%、8トン未満で3.6%、バスが2.5%、タクシーが1.4%といずれも向上していた。

 認証取得後1年目の走行距離あたりの交通事故件数の比較でも、前年比でトラックは28.4%、バスは25.4%、タクシーは4.7%減少。アンケート調査によると、認証を取得したことで「職場モラル・士気の向上」「お客様からの評価の向上」「交通事故件数の減少」「リーダー層の人材育成」など、さまざまな点で事業者はメリットを感じている。

 中小企業でも容易に認証取得を目指せるように、同財団では各種資料を用意し、講習会を開催している。ぜひとも認証を取得したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  2. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

    2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

    物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  4. 地方の特産品を「売れる特産品」に育くむ「特産品共創ラボ」がスタート

  5. 水稲コスト低減に向け、農相が生産資材・流通コスト引き下げ要請

  6. 三菱電機2015年3月期決算――EVやHV向けパワー半導体が好調

  7. 【中小企業の『経営論』】第11回:中小企業による海外販路開拓(1):なぜ必要か?

  8. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  9. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  10. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

アクセスランキングをもっと見る

page top