グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録 画像 グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

マネジメント

 交通エコロジー・モビリティ財団は30日、グリーン経営認証で新たにトラック1事業所を登録したと発表。更新登録した運輸事業者一覧も公表した。

 新規登録されたのは丸三の本社営業所(神奈川県川崎市)。更新登録した運輸事業者は、トラック事業者が57、バス事業者が9、タクシー事業者が1、港湾運送事業者が1、倉庫事業者が9となった。

 同認証は、事業運営において環境負荷の少ないグリーン経営を実践している事業所であることを認めるもの。同財団が認証機関となり、グリーン経営推進マニュアルに基づいて一定のレベル以上であるかを審査のうえ、認証・登録を行う。

 環境改善の努力を客観的に証明できるもので、認証取得にあたり環境改善の意欲の向上を図ることも狙いの1つ。これは一方で、事業運営そのものにも効果が現れ、2014年9月30日公表の「グリーン経営認証取得による効果(トラック、バス、タクシー、倉庫、港湾運送、旅客船、内航海運)-平成25年版-の検討結果」によると、認証取得2年後と取得前の車両平均燃費の比較で、車両総重量8トン以上のトラックは3.8%、8トン未満で3.6%、バスが2.5%、タクシーが1.4%といずれも向上していた。

 認証取得後1年目の走行距離あたりの交通事故件数の比較でも、前年比でトラックは28.4%、バスは25.4%、タクシーは4.7%減少。アンケート調査によると、認証を取得したことで「職場モラル・士気の向上」「お客様からの評価の向上」「交通事故件数の減少」「リーダー層の人材育成」など、さまざまな点で事業者はメリットを感じている。

 中小企業でも容易に認証取得を目指せるように、同財団では各種資料を用意し、講習会を開催している。ぜひとも認証を取得したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

    運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

  3. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

    鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  4. 家電量販店、量から質へ戦略転換? “格安”ネットと差別化

  5. JA全農、海外で国産農畜産物の売り込み強化

  6. 若者や女性に中小企業の魅力伝える「東京カイシャハッケン伝!」、東京都が開設

  7. 移動可能な事務所「オフィスカー」のレンタル開始

  8. 三井物産会長が語る人づくりの最高の舞台は「修羅場・土壇場・正念場」

  9. 求む!佐賀のモノづくり人材育成リーダー!産業技術学院の学院長を公募

  10. 中国語担当者がいない日本企業も「中国輸出ビジネス」が可能に

アクセスランキングをもっと見る

page top