近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学 画像 近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学

インバウンド・地域活性

 近畿大学工学部は7月31日、「第1回次世代ものづくり技術セミナー」を開催する。テーマは金属粉末を材料とする、最先端の金属3Dプリンター。

 従来の3Dプリンターは樹脂材料が主流だが、金属3Dプリンターは金属の粉末を材料とするため、インプラントといった医療分野をはじめ、自動車や航空機など、樹脂材料とは異なる産業分野への利用も期待される。

 セミナー当日は、「EOS社ハイエンド3Dプリンタの特徴と活用事例」「SLM社金属3DプリンタとLPW社パウダーの特徴と活用事例」「金属3Dプリンタの造形ソフトウエアについて」というテーマで講演会を開催。希望者には金属3Dプリンター「SLM280HL」の見学会も実施する。

 開催会場は近畿大学工学部メディアセンター(広島県東広島市)、定員は120人、入場無料。申し込みは近畿大学次世代基盤技術研究所のホームページからダウンロードできる申込書からで、締め切りは7月24日。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

    【東北の農林水産業は復活する!】最新設備で生まれ変わる水産加工ビジネス、気仙沼復興の今

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

    羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  6. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. リニア新幹線の「神奈川県駅」(仮称)、地下3層構造

  10. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

アクセスランキングをもっと見る

page top