近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学 画像 近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学

インバウンド・地域活性

 近畿大学工学部は7月31日、「第1回次世代ものづくり技術セミナー」を開催する。テーマは金属粉末を材料とする、最先端の金属3Dプリンター。

 従来の3Dプリンターは樹脂材料が主流だが、金属3Dプリンターは金属の粉末を材料とするため、インプラントといった医療分野をはじめ、自動車や航空機など、樹脂材料とは異なる産業分野への利用も期待される。

 セミナー当日は、「EOS社ハイエンド3Dプリンタの特徴と活用事例」「SLM社金属3DプリンタとLPW社パウダーの特徴と活用事例」「金属3Dプリンタの造形ソフトウエアについて」というテーマで講演会を開催。希望者には金属3Dプリンター「SLM280HL」の見学会も実施する。

 開催会場は近畿大学工学部メディアセンター(広島県東広島市)、定員は120人、入場無料。申し込みは近畿大学次世代基盤技術研究所のホームページからダウンロードできる申込書からで、締め切りは7月24日。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

    神奈川大学「みなとみらいキャンパス」、街と大学がつながる都市型を構想

  2. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

    北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  3. 東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

    東京港湾臨港道路南北線で沈埋函の初出渠。国内最長の134m!

  4. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  5. 造幣局東京支局跡開発、大学を誘致する方針

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  8. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  9. 藤田観光が箱根小涌園を再開発、多様化する「個」のニーズに対応

  10. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

アクセスランキングをもっと見る

page top