近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学 画像 近畿大が次世代ものづくり技術セミナーを開催、最先端の金属3Dプリンターを見学

インバウンド・地域活性

 近畿大学工学部は7月31日、「第1回次世代ものづくり技術セミナー」を開催する。テーマは金属粉末を材料とする、最先端の金属3Dプリンター。

 従来の3Dプリンターは樹脂材料が主流だが、金属3Dプリンターは金属の粉末を材料とするため、インプラントといった医療分野をはじめ、自動車や航空機など、樹脂材料とは異なる産業分野への利用も期待される。

 セミナー当日は、「EOS社ハイエンド3Dプリンタの特徴と活用事例」「SLM社金属3DプリンタとLPW社パウダーの特徴と活用事例」「金属3Dプリンタの造形ソフトウエアについて」というテーマで講演会を開催。希望者には金属3Dプリンター「SLM280HL」の見学会も実施する。

 開催会場は近畿大学工学部メディアセンター(広島県東広島市)、定員は120人、入場無料。申し込みは近畿大学次世代基盤技術研究所のホームページからダウンロードできる申込書からで、締め切りは7月24日。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

    川越駅前にホテル建設、川越駅とデッキで接続/20年開業予定

  4. 東京23区内の大規模建築計画/大型計画は一息ついた

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. ~地方発ヒット商品の裏側~岐阜の油問屋と和菓子職人が手がけた「大地のかりんとう」

  7. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  8. 「道の駅」の民間設置解禁へ…民間の資金・ノウハウ活用

  9. 札幌駅北口周辺で再開発計画、50階建てビルは道内最高層!

  10. 福岡市の西部市場跡地売却、白十字病院に/フィットネス広場も整備

アクセスランキングをもっと見る

page top