【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す 画像 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

マネジメント

 帝国データバンクによると、ベンチャー企業のみらいが29日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 同社は、「植物工場ならびに従来型水耕栽培装置の研究・開発」「水耕栽培作物の製造および販売」「農産物の卸売」の3事業をおもに展開。千葉大学大学院での研究成果をもとに2004年9月に設立されたベンチャー企業で、マスコミで取り上げられるなど注目を集めていた。

 人工光型の野菜栽培技術を導入した植物工場により、気候条件や天候などに左右されることなく、無農薬で栄養価が高い野菜を栽培できる点を強みとしていた。また、工場を大学内に設置し、各種のデータを公開して信頼を獲得。14年には2つの工場を増設し、15年3月期に年間売上高で約10億円にのぼる業績を上げていた。

 しかし、その後は野菜の生産が安定せず、売上が当初予想を下回ったことで営業赤字を計上。加えて、設備投資資金などの返済が困難になり、今回の申請にいたった。今後はスポンサーを募集し、9月末を目処にした計画外事業譲渡を予定。債権者説明会は7月1日の開催を予定している。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開

    自撮り機能など搭載、多機能自販機 キリンビバレッジが展開

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

    社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  4. サントリーが「働きたい国内企業」1位に選出!評価の理由は…

  5. 東京五輪特需も期待大…いま「ネジ業界」が面白い!

  6. リリーフが遺品整理事業をフランチャイズ展開、3年で30店舗目指す

  7. MRJ、17年春の納入開始後は? 三菱重工副社長が語る

  8. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  9. 【解決!社長の悩み相談センター】第5回:脱サラ・起業は個人か法人か?

  10. 建設技能労働者の賃金引き上げ、国交省が業界団体に要請

アクセスランキングをもっと見る

page top