【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す 画像 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

マネジメント

 帝国データバンクによると、ベンチャー企業のみらいが29日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

 同社は、「植物工場ならびに従来型水耕栽培装置の研究・開発」「水耕栽培作物の製造および販売」「農産物の卸売」の3事業をおもに展開。千葉大学大学院での研究成果をもとに2004年9月に設立されたベンチャー企業で、マスコミで取り上げられるなど注目を集めていた。

 人工光型の野菜栽培技術を導入した植物工場により、気候条件や天候などに左右されることなく、無農薬で栄養価が高い野菜を栽培できる点を強みとしていた。また、工場を大学内に設置し、各種のデータを公開して信頼を獲得。14年には2つの工場を増設し、15年3月期に年間売上高で約10億円にのぼる業績を上げていた。

 しかし、その後は野菜の生産が安定せず、売上が当初予想を下回ったことで営業赤字を計上。加えて、設備投資資金などの返済が困難になり、今回の申請にいたった。今後はスポンサーを募集し、9月末を目処にした計画外事業譲渡を予定。債権者説明会は7月1日の開催を予定している。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

    ネット通販の拡大で「2020年までに物流不動産に対する新規需要が『年間約15万坪』発生する」との予測

  2. 公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進

    公共工事の労務単価、法定福利費加算を継続で社保加入徹底促進

  3. 佐藤渡辺・上河社長「保有技術を組み合わせ、差別化技術に」

    佐藤渡辺・上河社長「保有技術を組み合わせ、差別化技術に」

  4. 新卒採用選考6月解禁も…5月までに内定出し7割以上

  5. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  6. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  7. 中小企業間でも格差拡大、課題は人材――中小企業白書分析

  8. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  9. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  10. 二輪車国内生産は2年ぶりのマイナス――前年度比1.2%減57.6万台

アクセスランキングをもっと見る

page top