安倍総理、メコン地域5カ国首脳会議を4日に開催――質の高いインフラパートナーシップの実践へ 画像 安倍総理、メコン地域5カ国首脳会議を4日に開催――質の高いインフラパートナーシップの実践へ

海外進出

メコン地域5カ国の首脳と会談
安倍晋三総理大臣は7月4日、東京・迎賓館にて「日本・メコン地域諸国首脳会議」を開催する。

参加国はメコン川流域のミャンマー、タイ、ラオス、ベトナム、カンボジアの5カ国。同会議は2009年に開始され、今年で7回目となる。

安倍総理は2012年12月に就任後、およそ1年間でメコン地域5カ国を含むASEAN10カ国を訪問するなど、東南アジア外交を積極的に行っている。

また、「東京戦略2012」では、2013年度以降3年間で円借款、無償資金協力、技術協力を活用して約6000億円の支援を表明。このうち2014年11月までに、5000億円以上の支援を実施している。

質の高い成長」の実現に向けた新戦略を策定
前述した「東京戦略2012」は、2015年までの日メコン協力の柱を策定したもの。「メコン連結性を向上する」「共に発展する」「人間の安全保障及び環境の持続可能性を確保する」という3本柱からなっている。

4日に東京で行われる会議では、「東京戦略2012」に代わる新たな戦略を策定する予定で、メコン地域における「質の高い成長」の実現に向けた内容となるようだ。

安倍総理は2015年5月、アジア開発銀行と連携して今後5年間で1100億ドルの質の高いインフラ投資をアジアに提供する「質の高いインフラパートナーシップ」も表明。今後はこの考えに基づき、メコン地域を支援していくと考えられる。

(画像は外務省より)

【日本・メコン地域諸国首脳会議】「質の高い成長」目指し新戦略策定

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. 三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

    三井住友建設によるベトナム初の都市鉄道建設工事、総額227億円

  3. ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

    ラーメン「一風堂」、シンガポール「マリーナベイサンズ」に出店

  4. ~国産家具を世界へ!:3~中国・韓国市場は高級家具で勝負

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  7. 都内中小企業のアジア進出を強力支援、都中小企業振興公社初の海外拠点設立

  8. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

  9. 日産マレーシア、新型ナバラNP300の予約を開始!

  10. マレーシア・ナジブ首相、消費税導入の影響について言及

アクセスランキングをもっと見る

page top