原油安は業績にほぼ影響なし、しかし円安のマイナス影響がじわり……中小企業調査にて 画像 原油安は業績にほぼ影響なし、しかし円安のマイナス影響がじわり……中小企業調査にて

マネジメント

 日本政策金融公庫 総合研究所は3月中旬、中小企業を対象に「円安・原油安の影響に関する調査」を実施。その結果、2014年秋以降の円安が業績に「プラスの影響」を与えたという企業の割合が11%であるのに対し、「マイナスの影響」は42.3%にのぼった。

 円安のマイナス影響として最も多かったのは「輸入品・原材料の仕入価格が上昇し、利益が減少」の47.8%で、次に多かったのは「燃料・エネルギー価格の上昇により、利益が減少」の32.5%。以下、「仕入価格の上昇で取引先の業績が悪化し、売上が減少」と「物価上昇による消費減退の影響で、売上が減少」がともに10.1%で続く。

 円安への対処方法を尋ねると、「業務効率化等でコストを削減し、利益を確保」が30.4%、「コスト上昇分を販売価格に転嫁」が25.3%であったものの、「特になし」も36.6%にのぼった。

 また、原油安については、「プラスの影響が大きい」は28.5%、「トントン」が9.9%、「影響はほとんどない」が55.8%を占め、「マイナスの影響が大きい」はわずか5.8%。原油安よりも円安に頭を悩まされている中小企業の現状がうかがえる。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

    企業からメディアへのコンタクト、95%の記者が「メール」を希望

  2. 労働力の過不足調整で農繁期把握と産地間連携、農水省が新規事業

    労働力の過不足調整で農繁期把握と産地間連携、農水省が新規事業

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 経産省が「製品安全対策優良企業」発表、中小企業部門は6社

  5. やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

  6. 鹿島道路、増永修平氏が4月1日付で社長就任

  7. グリーン経営認証が運輸事業に効果的!認証前後でトラックの燃費向上も、トラック1事業所が新登録

  8. 愛媛県がUIJターン支援、県外からの人材雇用に最長3か月間給料など助成

  9. 佐藤工業、宮本雅文代表取締役専務の社長昇格を発表

  10. 厚労省、HACCP導入促進 HPで業者名公開へ

アクセスランキングをもっと見る

page top