農業を観光資源に……JTB九州、熊本県山都町で「食農観光塾」開催 画像 農業を観光資源に……JTB九州、熊本県山都町で「食農観光塾」開催

インバウンド・地域活性

 JTB九州が熊本県山都町、コネクト・アグリフード・ラインズと共同で、「食農観光塾」を開催する。農業経営者に観光の視点を取り入れてもらう狙いだ。

 食農観光塾は、今年8月から2016年1月にかけて計5回を予定。農業単体ではなく、地域の各事業者と連携しながら、食や観光資源としての農業活用を進める。同塾では山都町の掲げる地域ビジョン「第2次山都町総合計画」との連動を意識しながら、同町の農業における若手リーダーを育成することを目指す。

 プログラムはJTB九州と、食と農のコンサルティングを行うコネクト・アグリフード・ラインズが共同で策定し、運営。フィールドワークや先進企業の取り組み視察などを通じて、最終的に次年度の事業計画を作成する。

 JTBグループは食農観光連携プロジェクトという形で、食農観光分野のリーダーを育て、そこから地域に根付く商品開発など新たなブランディングを実施。国内や海外に展開していくサイクルを狙う。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

    西日暮里駅前地区再開発、JRと舎人ライナーのアクセス向上も

  2. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  3. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 中部国際空港の複合施設、これまでに例のない新しい空間へ

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  9. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  10. 【ご当地キャラの仕掛け人に訊く!】頭の社は出雲大社ではなかった……しまねっこ

アクセスランキングをもっと見る

page top