農業を観光資源に……JTB九州、熊本県山都町で「食農観光塾」開催 画像 農業を観光資源に……JTB九州、熊本県山都町で「食農観光塾」開催

インバウンド・地域活性

 JTB九州が熊本県山都町、コネクト・アグリフード・ラインズと共同で、「食農観光塾」を開催する。農業経営者に観光の視点を取り入れてもらう狙いだ。

 食農観光塾は、今年8月から2016年1月にかけて計5回を予定。農業単体ではなく、地域の各事業者と連携しながら、食や観光資源としての農業活用を進める。同塾では山都町の掲げる地域ビジョン「第2次山都町総合計画」との連動を意識しながら、同町の農業における若手リーダーを育成することを目指す。

 プログラムはJTB九州と、食と農のコンサルティングを行うコネクト・アグリフード・ラインズが共同で策定し、運営。フィールドワークや先進企業の取り組み視察などを通じて、最終的に次年度の事業計画を作成する。

 JTBグループは食農観光連携プロジェクトという形で、食農観光分野のリーダーを育て、そこから地域に根付く商品開発など新たなブランディングを実施。国内や海外に展開していくサイクルを狙う。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  4. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. コーヒー店が大豆商品を販売!? 隠された農家の物語とは?

  9. “モノづくり”が体験できる遊園地「グッジョバ!!」、2016年春オープン

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top