地方の食品を扱う企業180社が集結、地方創生『食の魅力』発見商談会2015が開催 画像 地方の食品を扱う企業180社が集結、地方創生『食の魅力』発見商談会2015が開催

インバウンド・地域活性

 地方食品事業者ら180社が参加する「地方創生『食の魅力』発見商談会2015」が7月2日、TRC東京流通センターで開催される。地方の食品を扱う地元企業にスポットを当てた商談会だ。

 主催は第二地方銀行協会加盟行28行らで構成される、地方創生『食の魅力』発見商談会 実行委員会。地方銀行の取引先である食品企業が参加し、来場する食品バイヤーとの個別商談やフリー商談を通じて販路拡大を狙う。後援には経済産業省、農林水産省、金融庁らが名を連ねる。

 出展企業180社のうち、97社は今回が初出展。計647商品が全国から集まり、PRを行う。なお、来場は無料だが、食品バイヤーのみが対象で、一般客の入場はできない。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  4. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  9. FC町田ゼルビア本拠地の野津田公園陸上競技場を大規模改良。5000席増設へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top