地方の食品を扱う企業180社が集結、地方創生『食の魅力』発見商談会2015が開催 画像 地方の食品を扱う企業180社が集結、地方創生『食の魅力』発見商談会2015が開催

インバウンド・地域活性

 地方食品事業者ら180社が参加する「地方創生『食の魅力』発見商談会2015」が7月2日、TRC東京流通センターで開催される。地方の食品を扱う地元企業にスポットを当てた商談会だ。

 主催は第二地方銀行協会加盟行28行らで構成される、地方創生『食の魅力』発見商談会 実行委員会。地方銀行の取引先である食品企業が参加し、来場する食品バイヤーとの個別商談やフリー商談を通じて販路拡大を狙う。後援には経済産業省、農林水産省、金融庁らが名を連ねる。

 出展企業180社のうち、97社は今回が初出展。計647商品が全国から集まり、PRを行う。なお、来場は無料だが、食品バイヤーのみが対象で、一般客の入場はできない。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. [ヒットの兆し] 健康食材で人気のケール 生鮮野菜での需要も

    [ヒットの兆し] 健康食材で人気のケール 生鮮野菜での需要も

  4. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  5. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. 老朽化進むJR茨木駅西口の再開発、まちづくり協議会設立へ

  8. 斜陽産業に光! 多治見タイルのコト戦略

  9. ■ニュース深掘り!■改正風営法で変わる夜のインバウンド

  10. 羽田空港跡地第1ゾーン開発、16年2月の都計審に付議

アクセスランキングをもっと見る

page top