ITエンジニアが選ぶトレンドワード――今年急上昇したワードは?後半流行りそうなものは? 画像 ITエンジニアが選ぶトレンドワード――今年急上昇したワードは?後半流行りそうなものは?

IT業務効率

 リクルートテクノロジーズは25日、ITエンジニアを対象としたアンケート調査の結果を発表した。もっとも注目しているITワード、もっとも世間で流行すると思うもの、夏のボーナスで購入したいものなどを質問した。調査期間は6月6日~15日で20代~40代のエンジニア510名から回答を得た。

 「現在、あなたが気になっている・または注目しているワード」を、選択式(ウェアラブル端末/IoT/BYOD/4Kテレビ/3Dプリンター/スマホ決済/SDN/OtoO/AR/ビッグデータ/elasticsearch/スマートデバイス/AWS/自然言語処理/node.js/その他/該当するものがない)で選んでもらったところ、1位は「ウェアラブル端末」で17.8%、以下2位「ビッグデータ」12.2%、3位「4Kテレビ」9.8%、4位「IoT」9.2%、5位「3Dプリンター」8.0%の順となっている。

 2014年12月の調査と比較すると、4位「IoT」は大幅な伸長が見られた(2014年は3.6%)。一方で「4Kテレビ」「3Dプリンター」は数字を落としており(2014年は15.2%、21.3%)、ITエンジニアのなかでのトレンドの移り変わりが垣間見える。

 「2015年後半にもっとも流行しそうなもの」という質問でも変動があり、1位「格安スマートフォン」、2位「ドローン」、3位「スマートウォッチ」となった。前年2位の「3Dプリンター」が6位に後退し、今年いろいろと世間を騒がせたドローンに注目が集まった。今年に入り、さまざまなサービス展開が進んだ「公衆Wi-Fi」「終活」などもランクアップしている(※前年の質問は「2015年にもっとも流行しそうなもの」)。

ITエンジニアが選ぶトレンドワード、「IoT」が大きく伸長

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

    AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  2. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

    ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  3. ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    ~ITで攻めの農業:2~年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  4. ゲームだけじゃない。 様々なジャンルに広がるVR

  5. 自航式多目的船「オーガスト・エクスプローラー」が竣工、海洋開発工事参入へ弾み

  6. 台湾E-LEADがHUD式カーナビを国内市場に投入

  7. フロントガラスに貼付可能な透明なRFIDタグ……日本エレクトロニクスサービス

  8. ネットとデジカメが変えた学校行事の写真販売――売上3倍

  9. 国土地理院のツイッター投稿が反響。西之島測量作業を発信、リツイート700件に

  10. 完全ワイヤレスの超小型イヤホン「EARIN」! 北欧ベンチャーの開発者が語った商品化までの道のりとは

アクセスランキングをもっと見る

page top