クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中 画像 クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中

インバウンド・地域活性

 熊本県が、県育成のオリジナル品種のいちご「熊本VS03」の愛称募集を開始した。熊本発の品種である「ひのしずく」に続くブランドとして浸透を図る。

 熊本県は栃木、福岡に次ぐ全国第3位のいちご産地。これまでに、ひのしずくのほか、夏期出荷できる「熊本VS02E」といった品種を開発。県内限定品種として展開している。

 新品種である熊本VS03は、今年3月に農林水産省により品種登録の認可を受けた。鮮やかな赤色の大玉品種で、甘さと酸味のバランスに優れるという。いちご需要の高まる11月下旬からクリスマスシーズン頃にかけて多く出荷される。

 愛称募集は7月17日まで。最優秀作品には5万円、優秀賞2作品には1万円が贈られる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  3. 【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

    【劇場型で魅せる飲食店:1】下町ワイナリーが生む“コト消費”

  4. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 位置情報を活用した「観光ソリューション」…スマホゲームで観光地をPR

  8. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:3】下鴨茶寮の粉しょうゆ

  9. 兵庫ビジネス/神戸の中小20社クラスター発足1年・航空部品活性化に手応え

  10. 「さんふらわあ」新造船2隻が就航---半分が個室

アクセスランキングをもっと見る

page top