クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中 画像 クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中

インバウンド・地域活性

 熊本県が、県育成のオリジナル品種のいちご「熊本VS03」の愛称募集を開始した。熊本発の品種である「ひのしずく」に続くブランドとして浸透を図る。

 熊本県は栃木、福岡に次ぐ全国第3位のいちご産地。これまでに、ひのしずくのほか、夏期出荷できる「熊本VS02E」といった品種を開発。県内限定品種として展開している。

 新品種である熊本VS03は、今年3月に農林水産省により品種登録の認可を受けた。鮮やかな赤色の大玉品種で、甘さと酸味のバランスに優れるという。いちご需要の高まる11月下旬からクリスマスシーズン頃にかけて多く出荷される。

 愛称募集は7月17日まで。最優秀作品には5万円、優秀賞2作品には1万円が贈られる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  2. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

    十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  3. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

    栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

  6. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  7. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  8. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  9. 【田舎にもっと外貨を!:4】農泊参入の最大のチャンスは今

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top