クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中 画像 クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中

インバウンド・地域活性

 熊本県が、県育成のオリジナル品種のいちご「熊本VS03」の愛称募集を開始した。熊本発の品種である「ひのしずく」に続くブランドとして浸透を図る。

 熊本県は栃木、福岡に次ぐ全国第3位のいちご産地。これまでに、ひのしずくのほか、夏期出荷できる「熊本VS02E」といった品種を開発。県内限定品種として展開している。

 新品種である熊本VS03は、今年3月に農林水産省により品種登録の認可を受けた。鮮やかな赤色の大玉品種で、甘さと酸味のバランスに優れるという。いちご需要の高まる11月下旬からクリスマスシーズン頃にかけて多く出荷される。

 愛称募集は7月17日まで。最優秀作品には5万円、優秀賞2作品には1万円が贈られる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

    相模原市で国内最大の物流施設開発、首都圏の広域をカバー

  4. 中小二次製品メーカーが連携、雑草を抑えるブロックの普及へ

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 飯田橋駅改良工事、ホームを直線化で安全性向上!

  10. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

アクセスランキングをもっと見る

page top