クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中 画像 クリスマス出荷に向けた大玉いちご新品種、熊本県が開発……愛称を募集中

インバウンド・地域活性

 熊本県が、県育成のオリジナル品種のいちご「熊本VS03」の愛称募集を開始した。熊本発の品種である「ひのしずく」に続くブランドとして浸透を図る。

 熊本県は栃木、福岡に次ぐ全国第3位のいちご産地。これまでに、ひのしずくのほか、夏期出荷できる「熊本VS02E」といった品種を開発。県内限定品種として展開している。

 新品種である熊本VS03は、今年3月に農林水産省により品種登録の認可を受けた。鮮やかな赤色の大玉品種で、甘さと酸味のバランスに優れるという。いちご需要の高まる11月下旬からクリスマスシーズン頃にかけて多く出荷される。

 愛称募集は7月17日まで。最優秀作品には5万円、優秀賞2作品には1万円が贈られる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  2. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  5. 東京・十条駅西口地区再開発、早期の組合設立へ区に要望書

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

  8. 中野区の区役所・サンプラザ地区再整備、本格化!

  9. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  10. 国立近代美術工芸館移転、旧陸軍司令部庁舎などを活用

アクセスランキングをもっと見る

page top