圏央道神崎IC~大栄JCT開通による経済効果も――沿線道の駅では来場者20%増 画像 圏央道神崎IC~大栄JCT開通による経済効果も――沿線道の駅では来場者20%増

インバウンド・地域活性

国土交通省は、6月7日に開通した圏央道神崎IC~大栄JCT間の開通効果を公表した。

それによると、常磐道から東関東道がつながったことにより、圏央道の利便性が向上し、交通量も増加している。今回開通した神崎IC~大栄JCTの交通量は、1日当たり約8400台となっている。

圏央道・稲敷東IC~神崎ICの交通量は、1日当たり約9300台となり、新路線開通前と比べて272%増となっている。

沿線の道の駅「発酵の里こうざき」では、来場者が2割増加し、地域の観光・レジャー需要にも寄与している。

つくば市の企業から朝日森運輸(成田市)まで輸送時間が一般道経由で約90分かかっていたのが、約50分に短縮されるなど、精密機械などの輸送で時間短縮効果があり、企業活動の効率化に結びついている。また、精密機器の輸送では、高速道路の利用により、振動・揺れが少なくスムーズな輸送が可能になった。

つくば市から成田市まで40分短縮…圏央道神崎IC~大栄JCTの開通効果

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  4. 十条駅西口地区再開発、40階建て、低層部に商業・業務施設、上層部に住宅

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 自由が丘駅前再開発/過密化、老朽化からにぎわい創出の町へ

  7. 大手町二丁目再開発、東京駅日本橋口で高さ日本一の大型開発が始動!

  8. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  9. 青森に1本だけ残っていた幻のリンゴ「カルヴィル・ブラン」、菓子用でブレイク!

  10. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

アクセスランキングをもっと見る

page top