圏央道神崎IC~大栄JCT開通による経済効果も――沿線道の駅では来場者20%増 画像 圏央道神崎IC~大栄JCT開通による経済効果も――沿線道の駅では来場者20%増

インバウンド・地域活性

国土交通省は、6月7日に開通した圏央道神崎IC~大栄JCT間の開通効果を公表した。

それによると、常磐道から東関東道がつながったことにより、圏央道の利便性が向上し、交通量も増加している。今回開通した神崎IC~大栄JCTの交通量は、1日当たり約8400台となっている。

圏央道・稲敷東IC~神崎ICの交通量は、1日当たり約9300台となり、新路線開通前と比べて272%増となっている。

沿線の道の駅「発酵の里こうざき」では、来場者が2割増加し、地域の観光・レジャー需要にも寄与している。

つくば市の企業から朝日森運輸(成田市)まで輸送時間が一般道経由で約90分かかっていたのが、約50分に短縮されるなど、精密機械などの輸送で時間短縮効果があり、企業活動の効率化に結びついている。また、精密機器の輸送では、高速道路の利用により、振動・揺れが少なくスムーズな輸送が可能になった。

つくば市から成田市まで40分短縮…圏央道神崎IC~大栄JCTの開通効果

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 大規模案件を直接受注、企業連合で大手に対抗する地方SE

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  9. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  10. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

アクセスランキングをもっと見る

page top