圏央道神崎IC~大栄JCT開通による経済効果も――沿線道の駅では来場者20%増 画像 圏央道神崎IC~大栄JCT開通による経済効果も――沿線道の駅では来場者20%増

インバウンド・地域活性

国土交通省は、6月7日に開通した圏央道神崎IC~大栄JCT間の開通効果を公表した。

それによると、常磐道から東関東道がつながったことにより、圏央道の利便性が向上し、交通量も増加している。今回開通した神崎IC~大栄JCTの交通量は、1日当たり約8400台となっている。

圏央道・稲敷東IC~神崎ICの交通量は、1日当たり約9300台となり、新路線開通前と比べて272%増となっている。

沿線の道の駅「発酵の里こうざき」では、来場者が2割増加し、地域の観光・レジャー需要にも寄与している。

つくば市の企業から朝日森運輸(成田市)まで輸送時間が一般道経由で約90分かかっていたのが、約50分に短縮されるなど、精密機械などの輸送で時間短縮効果があり、企業活動の効率化に結びついている。また、精密機器の輸送では、高速道路の利用により、振動・揺れが少なくスムーズな輸送が可能になった。

つくば市から成田市まで40分短縮…圏央道神崎IC~大栄JCTの開通効果

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

    【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  2. ~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

    ~劇場型で魅せる飲食店:2~製造工程の見える化&カルチャー化

  3. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

    成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  6. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  7. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  8. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  9. 完全自動化レタス栽培工場、京都・けいはんな学研都市で建設開始……目標は1日3万株

  10. 岐阜県郡上市、内ケ谷ダムの水力発電所設置運営事業でプロポ公告

アクセスランキングをもっと見る

page top