曙ブレーキ工業、スロバキア現地子会社で8月から生産開始――欧州事業の製造拠点として 画像 曙ブレーキ工業、スロバキア現地子会社で8月から生産開始――欧州事業の製造拠点として

インバウンド・地域活性

自動車用ブレーキの製造と販売を
曙ブレーキ工業株式会社は24日、スロバキア・トレンチーン市にある同社製造子会社Akebono Brake Slovakia s.r.o.(以下、ABSK)の開所式を23日に行ったと発表した。

トレンチーン市は首都ブラチスラバから北東に110kmのところに位置する。敷地面積は約4万2000平方メートルで建屋面積は約1万2000平方メートル、1200万ユーロを投資し、設立された。

ABSKでは、自動車用ブレーキの製造と販売を中心事業として、8月から生産が開始される予定。まず、量産開始にあたって、鋳鉄製ブレーキキャリパーの組み立てを行う計画で、今後、高性能車向けアルミ製ブレーキキャリパーの組み立てが可能となるよう、最新鋭生産設備を整え、重要拠点とする意向だ。

欧州事業の重要な製造拠点を目指して
式典には、スロバキア経済産業省第一副大臣のラスチスラブ・ホバネツ氏やトレンチーン市長のリチャード・リブニーチェック氏、駐スロバキア日本大使の江川明夫氏が出席した。akebonoグループからは代表取締役会長兼社長の信元久隆氏と役員らが出席、さらにABSKの社員約50人も参加した。

曙ブレーキ工業は2014年、創業85周年を迎えた。その記念すべき年の4月にABSKは、欧州事業の重要な役割を持つ製造拠点としてスロバキアに設立。信元氏は、スロバキアの新製造拠点の開所を喜ぶとともに、「100周年に向けた成長を期待する」と語った。

スロバキア政府と経済産業省は、akebonoの新生産拠点の開所によって、雇用の創出と直接的な経済への好影響があることを見込んでいる。

同社は、フランスの子会社Akebono Europe S.A.S.とABSKとで欧州の一貫生産供給体制を確立し、グローバル市場における競争力強化を図っていきたいとしている。

(画像はニュースリリースより)

曙ブレーキ工業、スロバキアで開所式 8月から生産開始

《東欧ニュース》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 富裕層インバウンドの法則その2

    富裕層インバウンドの法則その2

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 乗降客が順調な伸び、富士山静岡空港の増築・改修が起工

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  8. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  9. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top