三重県が3次元CADの導入的講座を実施、ものづくり基盤技術向上の研究会にて 画像 三重県が3次元CADの導入的講座を実施、ものづくり基盤技術向上の研究会にて

インバウンド・地域活性

 三重県では7月10日、ものづくり基盤技術向上のための研究会を開催する。会場は三重県工業研究所。テーマには「3次元CADおよびCAEを使った設計技術」が選ばれた。

 三重県によるものづくり基盤技術の研究会は、「設計」「生産技術」「評価・分析」の3つをテーマとしており、今回は設計に焦点を当てている。県内の事業者が対象で、主にCADを導入したばかりの企業や導入を検討している企業など、比較的経験の浅い人向けの導入的内容だ。

研究会では「3次元CADおよびCAEの効果的な利用方法の紹介」、「設計部門以外と製品情報のやりとりへの3次元CADデータの活用」など3つのテーマを設定。CADソフト「SOLID WORKS」のベンダーであるソリッドワークス・ジャパンの担当者および、SOLID WORKSの一次代理店であるテクノソリューションズの担当者らが登壇する。

 参加費は無料で、定員は30名の先着制。7月7日までにFAXまたはメールで参加を受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  5. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  6. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  7. 「高校野球」が教えてくれる、サービス業型産業の成長性

  8. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 竹芝ウォーターフロント開発、上層階にはラグジュアリーホテル

アクセスランキングをもっと見る

page top