三重県が3次元CADの導入的講座を実施、ものづくり基盤技術向上の研究会にて 画像 三重県が3次元CADの導入的講座を実施、ものづくり基盤技術向上の研究会にて

インバウンド・地域活性

 三重県では7月10日、ものづくり基盤技術向上のための研究会を開催する。会場は三重県工業研究所。テーマには「3次元CADおよびCAEを使った設計技術」が選ばれた。

 三重県によるものづくり基盤技術の研究会は、「設計」「生産技術」「評価・分析」の3つをテーマとしており、今回は設計に焦点を当てている。県内の事業者が対象で、主にCADを導入したばかりの企業や導入を検討している企業など、比較的経験の浅い人向けの導入的内容だ。

研究会では「3次元CADおよびCAEの効果的な利用方法の紹介」、「設計部門以外と製品情報のやりとりへの3次元CADデータの活用」など3つのテーマを設定。CADソフト「SOLID WORKS」のベンダーであるソリッドワークス・ジャパンの担当者および、SOLID WORKSの一次代理店であるテクノソリューションズの担当者らが登壇する。

 参加費は無料で、定員は30名の先着制。7月7日までにFAXまたはメールで参加を受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  2. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  3. 東京都・小金井駅北口再開発で準備組合が発足、事業協力者に住友不

    東京都・小金井駅北口再開発で準備組合が発足、事業協力者に住友不

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 大阪府池田市で大阪モノレール石橋地域の延伸計画、16年度から実現可能性検討

  6. 札幌駅北口に京王電鉄の新ブランド「京王プレリアホテル札幌」、インバウンドも取り込む

  7. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  8. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  9. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top