三重県が3次元CADの導入的講座を実施、ものづくり基盤技術向上の研究会にて 画像 三重県が3次元CADの導入的講座を実施、ものづくり基盤技術向上の研究会にて

インバウンド・地域活性

 三重県では7月10日、ものづくり基盤技術向上のための研究会を開催する。会場は三重県工業研究所。テーマには「3次元CADおよびCAEを使った設計技術」が選ばれた。

 三重県によるものづくり基盤技術の研究会は、「設計」「生産技術」「評価・分析」の3つをテーマとしており、今回は設計に焦点を当てている。県内の事業者が対象で、主にCADを導入したばかりの企業や導入を検討している企業など、比較的経験の浅い人向けの導入的内容だ。

研究会では「3次元CADおよびCAEの効果的な利用方法の紹介」、「設計部門以外と製品情報のやりとりへの3次元CADデータの活用」など3つのテーマを設定。CADソフト「SOLID WORKS」のベンダーであるソリッドワークス・ジャパンの担当者および、SOLID WORKSの一次代理店であるテクノソリューションズの担当者らが登壇する。

 参加費は無料で、定員は30名の先着制。7月7日までにFAXまたはメールで参加を受け付ける。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  2. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  3. 盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

    盛岡市の簗川ダムで堤体コンクリ打設開始、品質確保を図る

  4. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  5. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 東北の復興道路、支援道路の大規模工事発注、17年度内にメド

  10. 竹中工務店、鉄筋工事BIMソフト開発、手戻りなど防止

アクセスランキングをもっと見る

page top