中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査 画像 中小企業の業績は全体として上向き、建設業など大きく成長……中小企業実態基本調査

マネジメント

 中小企業庁が2014年の中小企業実態基本調査の確報を発表した。中小企業全体として、売り上げ・経常利益ともに前年を上回る結果になっている。

 同調査は2014年8月に実施したもので、2013年度決算に基づいたもの。標本数は個人・法人を合わせて11万6632件で、有効回答は5万9186件。

 中小企業全体の売上高は504兆円で、前年の459兆円から9.9%増に。経常利益は前年比約18%増の17兆8293億円。1企業あたりの売上高・経常利益もともに前年比でプラスになっており、全体として好況といえる結果となっている。

 業種別で見ていくと、売上高の成長が大きかったのは卸売業で前年比22.5%増。建設業の13.1%増、製造業の11.5%増がこれに続いている。1企業あたりの売り上げでも卸売業(25.6%増)、建設業(17.5%増)と全体売上げ上位2業種がそのままトップを占めている。建設業は経常利益でも全業種トップの伸びで、法人は前年比75.8%増。1法人あたりの利益でも81.1%増と大きく伸びている。個人でも全体で19.4%、1企業あたり26%増と成長が大きい。法人の経常利益では運輸業・郵便業がこれに続いており、前年比54.2%増。個人では卸売業が15.6%増で建設業に続いている。

 一方で売上高がマイナスになっているのが、宿泊業・飲食サービス業(11.4%減)、サービス業(9%減)、生活関連サービス業・娯楽業(3.1%減)で、経常利益に関してもほぼ前年から横ばいとなっている。

 増収傾向のなかで、設備投資を進める企業も増えており、設備投資を行った法人企業は19.8%と前年比2.2ポイント増に。全産業でもっとも多かったのは製造業で28.2%(前年比5.2ポイント増)となっている。製造業は設備投資の金額面でも大きく伸びており、前年の1兆9400億円から3兆3500億円と70%以上増加している。

 ただし、全体的に好況ではあるものの、従業員数に関しては全体で5.4%減と減少傾向。1企業あたりでも平均8.5人と、前年比4%減の結果だ。業種別で見ると、サービス業と宿泊業・飲食サービス業の2業種がそれぞれ11%、10.8%の減少と、大きく減っている。

 飲食、サービス関連は厚生労働省の雇用動向調査でも離職率が高い業種。経営状態との兼ね合いではあるが、人材確保と育成は課題のひとつといえるだろう。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

    物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  2. 社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

    社員が見た社長の評価! 社長の自己評価と大きな差が…

  3. 国交省、「発注方式選定表」を本格導入

    国交省、「発注方式選定表」を本格導入

  4. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  5. 上場ゼネコン4社4~6月期決算、民間建築受注好調で土木の落ち込みをカバー

  6. 「走る・曲がる・止まる・つながる」がとても大切…トヨタ自動車 豊田社長

  7. パートタイムの平均時給、製造業、飲食などが前年同月比で連続上昇

  8. 従業員の不祥事、どう防ぐか、対応するか――企業向け「コンプライアンス事件簿 マナー編」

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  10. 就活6月解禁、7割が「守らない」……最多は3月スタート

アクセスランキングをもっと見る

page top