マンションの空室を活用した長期滞在サービス、沖縄にて新たな滞在ニーズに対応 画像 マンションの空室を活用した長期滞在サービス、沖縄にて新たな滞在ニーズに対応

マネジメント

 株式会社大京穴吹不動産は24日、マンションの空室を活用した新規ビジネス「大京バケーションレンタル事業」において、利用者が1カ月以上滞在できる「長期滞在サービス」の提供を7月1日から開始すると発表した。

 これは、15年3月から沖縄で開始しているサービス。当初はゴールデンウィーク期間等での利用を想定していたが、避寒目的や企業研修での宿泊利用など、利用者に1カ月以上滞在するニーズがあると判明したという。

 マンションの空室状況を解決したいオーナーと同社がサブリース契約を結んだ上で、利用者と同社が定期建物賃貸借契約を締結している同事業。物件には冷蔵庫や電子レンジ、炊飯ジャーなどが、あらかじめ設置されているという。

 今後の展開について同社では、ワークシェアの普及や格安航空会社の路線拡大等を背景に、季節に応じて“全国各地を移り住む”といった新たなライフスタイル創造を目指す。このため、東京、大阪、京都といった国家戦略特区の指定エリアで、事業展開していく方針だ。

 近年、盛り上がりを見せる空室活用ビジネス。空室に人が訪れる事により、地方活性化の助力となるような有効活用に期待したい。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 新年・行政業界展望2…これからのゼネコン

    新年・行政業界展望2…これからのゼネコン

  2. 超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

    超小型モビリティでまちおこし・新規事業を――国交省が補助金事業を公募

  3. 国交省、基礎杭の工事監理指針案、地盤情報や施工留意点の共有を

    国交省、基礎杭の工事監理指針案、地盤情報や施工留意点の共有を

  4. 「歩切り」ほぼ根絶、11月時点で実施は3団体に、端数処理が焦点

  5. 外食業界最大級の展示会、東京ビッグサイトで8月に開催

  6. 日本コムシスがBEMS事業に参入

  7. レッドウッド・グループ、埼玉県で2件の新規開発を計画

  8. 西日暮里駅前再開発、基本計画検討業務を公募

  9. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  10. ジェコス社長に馬越学JFEスチール専務執行役員、6月23日就任

アクセスランキングをもっと見る

page top