マンションの空室を活用した長期滞在サービス、沖縄にて新たな滞在ニーズに対応 画像 マンションの空室を活用した長期滞在サービス、沖縄にて新たな滞在ニーズに対応

マネジメント

 株式会社大京穴吹不動産は24日、マンションの空室を活用した新規ビジネス「大京バケーションレンタル事業」において、利用者が1カ月以上滞在できる「長期滞在サービス」の提供を7月1日から開始すると発表した。

 これは、15年3月から沖縄で開始しているサービス。当初はゴールデンウィーク期間等での利用を想定していたが、避寒目的や企業研修での宿泊利用など、利用者に1カ月以上滞在するニーズがあると判明したという。

 マンションの空室状況を解決したいオーナーと同社がサブリース契約を結んだ上で、利用者と同社が定期建物賃貸借契約を締結している同事業。物件には冷蔵庫や電子レンジ、炊飯ジャーなどが、あらかじめ設置されているという。

 今後の展開について同社では、ワークシェアの普及や格安航空会社の路線拡大等を背景に、季節に応じて“全国各地を移り住む”といった新たなライフスタイル創造を目指す。このため、東京、大阪、京都といった国家戦略特区の指定エリアで、事業展開していく方針だ。

 近年、盛り上がりを見せる空室活用ビジネス。空室に人が訪れる事により、地方活性化の助力となるような有効活用に期待したい。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

    前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  2. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

    スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  3. リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

    リストバンドで現場作業員の体調管理 清水建設と東芝が開発へ

  4. 機能性乳製品続々……シリアル専用・花粉症対策など

  5. 建コン協会長が女性活躍へ推進策検討、会員の行動計画策定後押し

  6. 日本道路が5カ年経営計画発表、積極投資

  7. 伊藤ハムが中堅の米久と統合、原価減・収益増を見込む

  8. 日本は金メダル5個――「技能世界一を競うオリンピック」が閉幕

  9. 施設の履歴管理システムとBIMとを連携 前田建設

  10. 小売店が書籍売り場を誘客ツールとして活用

アクセスランキングをもっと見る

page top