広域観光周遊ルートで唯一「ものづくり」を組み込んだ中部地方 画像 広域観光周遊ルートで唯一「ものづくり」を組み込んだ中部地方

インバウンド・地域活性

観光庁は6月12日、全国7つの「広域観光周遊ルート」を認定した。政府が目指すさらなる訪日外国人拡大、年間2000万人突破に弾みをつける施策だが、これに自動車、航空産業などのものづくりが一役買いそうだ。

日本の観光といえば、日本的な風景と豊かな自然、そして買い物が中心だ。選定されたルートのほとんどは、例えば北海道の「アジアの宝 悠久の自然美への道 ひがし北・海・道」(『プロムナードひがし北・海・道推進協議会』)のように、富良野、知床、釧路など自然を堪能できる、というのが一般的だ。

その中で唯一、中部(東海・北陸・信州)広域観光推進協議会は、「ものづくり文化の活用」をルート形成の計画概要の中に盛り込んだ。

「中部地区には、世界に通じる自動車産業や航空産業がある。工芸品の伝統から続く、現代までのものづくり文化は大きな観光資源と考えている」(同事務局)

昇龍道(SHORYUDO)と名付けられたルートは、来年開催のサミット開催地、伊勢志摩(三重県)から名古屋、世界遺産の白川郷(岐阜県)金沢(石川県)を巡る。もちろん風光明媚な自然はあるが、この中に、ものづくり文化を盛り込むというのだ。昇龍道という名称は、龍が体をうねらせて天に昇る様子になぞらえたものだ。

「外国人にどんな対応ができるかを含めてこれから検討する」(同上)というが、協議会では各種の産業博物館、工場、工房見学や、陶磁器や金箔、漆塗りなどの伝統工芸ものづくり体験などに期待を寄せている。

同協議会によると、すでに一部の日本酒の酒蔵は、外国人向けの観光マップなどにも紹介し、見学者が増えて好評だという。また、愛知県のトヨタ博物館は、2013年頃から外国人向けのパンフレットの配布が多くなり「アジア諸国を中心とした外国人来館者が目立ってきた」(同館企画広報グループ)という。

太田明宏国土交通相は「7つのルートを活用して、外国の方々がより一層日本を訪れて楽しんでいただければと思う」と、全国地図にルートを示して会見に臨んだ。具体的なルートの完成が待たれる。

ものづくり文化で、訪日外国人拡大を目指す...中部広域観光推進協議会

《中島みなみ》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

    川崎駅西口開発、オフィス棟とホテル棟を計画

  2. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  3. 追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

    追手門学院、東芝大阪工場跡地に新キャンパスを計画

  4. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  5. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  6. 宮城県の松島水族館跡地活用、観光複合施設に/事業者は丸山

  7. 島根県雲南市の市立病院建て替え、総事業費97億円超に増額、3分割で入札再公告

  8. リニア、最難関の「南アルプストンネル」工事現場を報道機関に公開

  9. 阪神なんば線淀川橋梁の改築計画案。現橋西側に新橋梁を整備

  10. 開業わずか1年! 京都で口コミランク3位の旅館、その戦略とは?/京町家旅館 楽遊

アクセスランキングをもっと見る

page top