富裕層女性の27.5%が「1カ月間に20万円以上」を自由に使っている 画像 富裕層女性の27.5%が「1カ月間に20万円以上」を自由に使っている

制度・ビジネスチャンス

 富裕層女性の27.5%が「1か月間に20万円以上を自由に支出」しており、彼女たちの74.8%が「子供の教育にはお金を惜しまない」と考えている――国内富裕層女性の消費行動に関する調査結果が、24日に発表された。

 今回、この「日本の富裕層世帯を対象にした女性の意識・消費行動調査」を行ったのは、株式会社電通(東京都港区)と株式会社ハースト婦人画報社(東京都港区)。世帯純資産が1億円以上の世帯、もしくは世帯年収が2000万円以上の世帯を「富裕層世帯」と定義。そのうち20代~60代の女性309人を対象として、今年2月にインターネットで調査が行われた。

 「1か月あたりの自由に使えるお金」という質問では、上限なしと回答した16.8%を含め、富裕層女性の27.5%が20万円以上を自由に使えると回答。一方、富裕層ではない一般女性を対象とした調査では、同じ質問に「20万円以上」と回答した人は、全体のわずか0.3%だった。

 また、資産運用について「関心がある」と回答した富裕層女性は61.5%(一般女性が25.5%)。実際に資産運用を積極的に行っている富裕層女性は35.0%(一般女性が7.2%ぎぐz)に及んでいる。このうち、具体的な資産運用の内容については、富裕層女性の65.4%(一般女性が6.3%)が「国内株式投資」と回答した。

 なお、今回の調査では、富裕層女性の74.8%が「子供の教育にはお金を惜しまない」と考えている事が判明している。さらに、59.2%が自身の子供に「外国留学をさせたい」と回答した。

 その他の回答を見てみると、富裕層女性は「海外文化より日本文化が好き」、「草食系男子より肉食系男子が好き」といった傾向があることも明らかになっている。近年、富裕層をターゲットにしたビジネスへの注目が高まる中で、彼女たちの積極的な消費志向が証明された結果といえるだろう。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない

    好景気でも不景気でも、会社は赤字を出してはいけない

  2. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  3. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  4. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  5. 群馬県川場村の木質バイオマス発電施設完成、地域資源で地場産業創出

  6. 「舗装診断士」資格、大臣認定の取得へ

  7. 【地方発ヒット商品の裏側】ママさん社員のアイデアから生まれた、マカロンレースマスク

  8. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  9. リニア新幹線・第一中京圏トンネル新設西尾工区、競争見積もり手続きを公告

  10. ジビエのトレーサビリティー、業界で統一流通ルール

アクセスランキングをもっと見る

page top