場力、売場作り、接客サービスをスコア化……「ニッポンの店大賞2015」が決定 画像 場力、売場作り、接客サービスをスコア化……「ニッポンの店大賞2015」が決定

マネジメント

 日経リサーチは24日、「店舗の魅力で選ぶ~ニッポンの店大賞2015」に選定された企業ブランドを発表した。

 このアワードは国内の小売・飲食業における店舗や施設の魅力を評価して、店舗運営に優れた企業ブランドを表彰したもの。今年の1月から2月にかけて、同社が360ブランドを対象として行ったリサーチ結果を元に、審査委員会が選定を行っている。

 リサーチでは消費者が“店舗で過ごす時間”を特別だと感じる「時間消費プレミアム」の他、「来店意向」「購入・利用意向」「推奨意向」の4項目から「場力PQ(ばぢから知覚指数)」を算出。同時に「売場作り」「接客サービス」「信頼性」等をブランドごとに指数化し、それらの結果から候補ブランドをリストアップしたという。

 今回、同アワードを受賞したのはセブン-イレブン、無印良品、カルディコーヒーファーム、KURA CHIKA(吉田カバン/PORTER)、ABC-MART、アルビオンの6企業ブランド。

 このうち、国内のコンビニ最大手であるセブン-イレブンは「店舗や施設内が買い物しやすいレイアウトである」「要望や不満などを反映して改善に取り組んでいる」の2項目で全体1位を獲得。審査員の講評でも「いれたてコーヒーの展開やコーヒーと関連購入が見込めるドーナツの販売強化などヒットを次々と生んでいる。顧客がほしいものを店頭に送り込む『革新』を続けている」と高く評価された。

 事業の大小問わず、多様なノウハウが必要とされる店舗運営。店舗の細部にも顧客への心配りが求められている。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

    物流デベロッパー・トップの視点(8):三井不動産、多様なリレーションが奏功

  2. 日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

    日本サービス大賞、野中委員長に聞く…賞のねらいと活動内容

  3. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(上)】現場の生産性向上課題

  4. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  5. あなたの会社は大丈夫?従業員30人未満の企業に多い労働相談

  6. 2014年度教育産業市場、eラーニングなど6分野が拡大

  7. 経済調査会、理事長に高田実男氏就任

  8. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

  9. 週休2日モデル工事、15年度は60件程度、国交省が課題・解決策へ

  10. 建設の外国人就労者受け入れ、国交省がQ&A

アクセスランキングをもっと見る

page top