KTCがオートサービスショーでオイル、ブレーキフルード、LLCの交換実演

IT業務効率

KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
  • KTCの実演パフォーマンス(オートサービスショー2015)
5月19日から21日にかけて、東京ビッグサイトにて「オートサービスショー2015」が開催された。現役の整備業界関係者だけでなく、整備士の卵である整備学校の生徒も数多く訪れた同イベントで、ひときわの賑わいを集めたのがKTCのブランド名で知られる京都機械工具のブース。

そこでは、KTCのツールを使って「エンジンオイル交換」「ブレーキ液交換」「LLC交換」の実演が行われていた。

「エンジンオイル交換」は、エンジンのオイル量をチェックするオイルレベルゲージからオイルを吸引する「オイルドレーナー」を使用。ブレーキ液の交換は、コンプレッサーで圧力をかけてブレーキ液を送り込む「ブレーキブリーダー」が使われていた。圧をかけるのでエア抜きの必要がなく、一人で作業を行うことができる。そしてLLC交換も真空ポンプの力を利用する「クーラントチャージャー」を使用。こちらも液内に空気が混入しにくいという特徴を持つ。ポイントは3点とも、作業効率を高めることができること。

これらの実演はKTCが2014年に作成して、顧客に配布している「メンテナンス作業 課題解決BOOK」の趣旨にあわせて行われているという。狙いは、「時間短縮」による「経費削減」「顧客満足度アップ」というもの。工具だけでなく、整備現場をトータルプロデュースしようというKTCの姿勢が垣間見えるブースとなっていた。

【オートサービスショー2015】KTCは実演パフォーマンスで高効率をアピール

《鈴木ケンイチ》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

    ~スマート林業:1~最先端テクノロジーで未来志向へ

  2. 首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

    首都高速会社、IoTやAIの活用でインフラ管理を高度化。外販でフィービジネスも

  3. 行くか降りるか? カーナビタイム「高速道路降りたらルート」機能を提供開始

    行くか降りるか? カーナビタイム「高速道路降りたらルート」機能を提供開始

  4. 建設現場・消防士・工場・農家、あらゆるフィールドに適用可能……腰部サポートウェア

  5. 先端建設技術センター、「NETISプラス」に新機能、最新情報対応

  6. 自作ホームオートメーションなど暮らしを楽しくするIoTコンテスト、作品募集中

  7. サービス業のIT利用最前線!11 「落とし物」をこの世界からなくすために/MAMORIO

  8. 阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

  9. アドバンストメディア、音声認識を施工管理プラットフォームに/iPhoneやiPadで

  10. 長谷工コーポら、BIMデータを直接3DCG化/マンション販売ツールに活用

アクセスランキングをもっと見る

page top