日産が株主総会でガソリン車並の航続距離のEV技術を発表 画像 日産が株主総会でガソリン車並の航続距離のEV技術を発表

IT業務効率

日産自動車の坂本秀行副社長は6月23日に横浜市で開いた株主総会で、1回の充電でガソリン車と同等の航続距離を走行できる電気自動車(EV)の技術を走行実験で確認したことを明らかにした。

坂本副社長は、日産はこれからもEVにこだわっていくのかという株主からの質問に対し「我々のゼロエミッション戦略の中心はEV。モーター、バッテリー、インバーター、これらの電動化技術を進化させてEVをガソリン車と同じような便利な車、もしくはそれ以上の便利な車として開発して、量産することが我々の戦略」と強調した。

その上で「きょう(株主総会の壇上に)ブルーの『リーフ』を展示しているが、このリーフには我々の最新の研究技術を搭載している。このリーフを使って1回の充電で、ガソリン車と同じくらい航続距離を走るようなことを、実際の走行試験で確認している」ことを披露した。

さらに「新しい技術を搭載したリーフでは充電時間が従来に対して画期的に早くなること、また長年お使い頂いても性能が劣化しないことを検証している。これらはすべて最新の技術からもたらされている。従ってこの技術を早く実際のEVとして世の中に、皆様にお届けしたいために我々開発部門は努力している」と説明した。

ただ坂本副社長は、新たな技術を搭載したEVの具体的な航続距離や量産化のめどは明らかにしなかった。

日産、ガソリン車と同等の航続距離を実現したEV技術確立…株主総会で公表

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

    LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  2. 新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

    新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

  3. 国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

    国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

  4. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  5. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  6. 日本のものづくり史……大学生向け講座

  7. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  8. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  9. コンチネンタルの次世代車載レーダーモジュールにフリースケールの77GHz技術を統合

  10. 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

アクセスランキングをもっと見る

page top