日産が株主総会でガソリン車並の航続距離のEV技術を発表 画像 日産が株主総会でガソリン車並の航続距離のEV技術を発表

IT業務効率

日産自動車の坂本秀行副社長は6月23日に横浜市で開いた株主総会で、1回の充電でガソリン車と同等の航続距離を走行できる電気自動車(EV)の技術を走行実験で確認したことを明らかにした。

坂本副社長は、日産はこれからもEVにこだわっていくのかという株主からの質問に対し「我々のゼロエミッション戦略の中心はEV。モーター、バッテリー、インバーター、これらの電動化技術を進化させてEVをガソリン車と同じような便利な車、もしくはそれ以上の便利な車として開発して、量産することが我々の戦略」と強調した。

その上で「きょう(株主総会の壇上に)ブルーの『リーフ』を展示しているが、このリーフには我々の最新の研究技術を搭載している。このリーフを使って1回の充電で、ガソリン車と同じくらい航続距離を走るようなことを、実際の走行試験で確認している」ことを披露した。

さらに「新しい技術を搭載したリーフでは充電時間が従来に対して画期的に早くなること、また長年お使い頂いても性能が劣化しないことを検証している。これらはすべて最新の技術からもたらされている。従ってこの技術を早く実際のEVとして世の中に、皆様にお届けしたいために我々開発部門は努力している」と説明した。

ただ坂本副社長は、新たな技術を搭載したEVの具体的な航続距離や量産化のめどは明らかにしなかった。

日産、ガソリン車と同等の航続距離を実現したEV技術確立…株主総会で公表

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

    外食産業の生産性向上~エヴァンジェリストからの提言(前編)

  2. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

    古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  3. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

    ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  4. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 外食産業の生産性向上~テクノロジーを付加価値へとつなげるために

  6. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. ~自社システムを外販する:2~ 開発費を2年で回収、その戦略は?

  9. “空気を読む”AIを目指す/ホンダが考える AIとは?

  10. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

アクセスランキングをもっと見る

page top