日産が株主総会でガソリン車並の航続距離のEV技術を発表 画像 日産が株主総会でガソリン車並の航続距離のEV技術を発表

IT業務効率

日産自動車の坂本秀行副社長は6月23日に横浜市で開いた株主総会で、1回の充電でガソリン車と同等の航続距離を走行できる電気自動車(EV)の技術を走行実験で確認したことを明らかにした。

坂本副社長は、日産はこれからもEVにこだわっていくのかという株主からの質問に対し「我々のゼロエミッション戦略の中心はEV。モーター、バッテリー、インバーター、これらの電動化技術を進化させてEVをガソリン車と同じような便利な車、もしくはそれ以上の便利な車として開発して、量産することが我々の戦略」と強調した。

その上で「きょう(株主総会の壇上に)ブルーの『リーフ』を展示しているが、このリーフには我々の最新の研究技術を搭載している。このリーフを使って1回の充電で、ガソリン車と同じくらい航続距離を走るようなことを、実際の走行試験で確認している」ことを披露した。

さらに「新しい技術を搭載したリーフでは充電時間が従来に対して画期的に早くなること、また長年お使い頂いても性能が劣化しないことを検証している。これらはすべて最新の技術からもたらされている。従ってこの技術を早く実際のEVとして世の中に、皆様にお届けしたいために我々開発部門は努力している」と説明した。

ただ坂本副社長は、新たな技術を搭載したEVの具体的な航続距離や量産化のめどは明らかにしなかった。

日産、ガソリン車と同等の航続距離を実現したEV技術確立…株主総会で公表

《小松哲也》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

    阪神高速のトンネル工事で矩形シールド機による掘削開始、地上部への影響を最小限に

  2. ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

    ~スマート林業:2~経済効果20億、ICTが森林をお金に換える!

  3. 熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

    熊本城の石垣撤去で遠隔操縦装置導入、自動化、自律化へ

  4. 古河ロックドリルが新型ドリルジャンボを開発。リニア新幹線を視野に、最大出力が25%向上

  5. ODB IIのデータを3G回線で通信できる端末……テクトム

  6. アジア航測が森林管理支援にドローン活用

  7. コードキャンプとトライ、高校生向けプログラミング教育で提携

  8. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  9. 「Staple Pulse for HANJO HANJO」をご利用のお客様へ

  10. 農産物輸出、6次化、飼料用米…農水省が先進例発信

アクセスランキングをもっと見る

page top