ネットショップの東南アジアへの販路拡大を支援、物流から多言語翻訳による販売支援までをワンストップ 画像 ネットショップの東南アジアへの販路拡大を支援、物流から多言語翻訳による販売支援までをワンストップ

海外進出

 ソーシャルエージェントは23日、東南アジアのユーザーに商品を販売するためのEC向け物流アウトソーシング、及び多言語販売支援サービスとして「EC-PORT」を発表した。

 同サービスはマレーシアに置いた同社の拠点を活用したもので、日本のECサイトから送られた商品をクアラルンプールの物流拠点で保管。マレーシア国内、及び近隣諸国への発送代行を行う。

 また、多民族国家であるマレーシアの特性を活かし、東南アジアのさまざまなエリアの言語や文化に精通したスタッフによる、製品情報の多言語翻訳、多言語でのECサイトの構築、カスタマーサポートに対応。物流から販売支援までのワンストップサービスを提供する。

 国内市場が飽和し、縮小傾向にある製品を外国人向けに販売したことで、売上を伸ばしたというのは良く聞く話。このサービスを活用することで、東南アジアに新たな市場を開拓したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 門戸を開いたキューバ。ビジネスを始めるのに大切なこと

    門戸を開いたキューバ。ビジネスを始めるのに大切なこと

  2. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

    IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  3. 「オニツカタイガー」、クアラルンプールに出店

    「オニツカタイガー」、クアラルンプールに出店

  4. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  5. アフリカに日本のインフラ建設技術を、国交省が輸出推進計画

  6. トヨタ、ミャンマー洪水被害に10万ドル寄付

  7. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  8. インド新幹線、日印政府が実施計画作り着手、日本の建設会社進出へ

アクセスランキングをもっと見る

page top