ネットショップの東南アジアへの販路拡大を支援、物流から多言語翻訳による販売支援までをワンストップ 画像 ネットショップの東南アジアへの販路拡大を支援、物流から多言語翻訳による販売支援までをワンストップ

海外進出

 ソーシャルエージェントは23日、東南アジアのユーザーに商品を販売するためのEC向け物流アウトソーシング、及び多言語販売支援サービスとして「EC-PORT」を発表した。

 同サービスはマレーシアに置いた同社の拠点を活用したもので、日本のECサイトから送られた商品をクアラルンプールの物流拠点で保管。マレーシア国内、及び近隣諸国への発送代行を行う。

 また、多民族国家であるマレーシアの特性を活かし、東南アジアのさまざまなエリアの言語や文化に精通したスタッフによる、製品情報の多言語翻訳、多言語でのECサイトの構築、カスタマーサポートに対応。物流から販売支援までのワンストップサービスを提供する。

 国内市場が飽和し、縮小傾向にある製品を外国人向けに販売したことで、売上を伸ばしたというのは良く聞く話。このサービスを活用することで、東南アジアに新たな市場を開拓したい。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. 国際協力機構によるタイ・アユタヤの洪水対策施設が完成

    国際協力機構によるタイ・アユタヤの洪水対策施設が完成

  3. ペトロブラス社、ブラジル国内の燃料価格値上げ

    ペトロブラス社、ブラジル国内の燃料価格値上げ

  4. 三洋化成がマレーシアに新拠点…紙オムツ、東南アジアで需要拡大

  5. ~Sakeの海外戦略:4~世界100カ国で「梵」が成功した理由

アクセスランキングをもっと見る

page top