トラスコ中山がDJI社製のドローン販売を開始、製造・建設・警備関連など各産業分野への普及を狙う 画像 トラスコ中山がDJI社製のドローン販売を開始、製造・建設・警備関連など各産業分野への普及を狙う

インバウンド・地域活性

 機械工具を扱う卸商社のトラスコ中山は、中国に本社を置くDJI社製の小型無人航空機ドローンの国内販売を今年5月に開始した。

 今回、取り扱いを開始した機種のうち、「PHANTOM3 PROFFESIONAL(ファントム3プロフェッショナル)」は、質量1.3kgで最大飛行時間は約23分、通信距離は最大2km、最大対応風速は秒速16m。一方、「INSPIRE1(インスパイア1)」は、質量2.9kgで最大飛行時間は約18分、通信距離は最大2km、最大対応風速は秒速10mとなる。

 ドローンの販売については、相次ぐ落下事故等が問題となったことで、現在は国による法整備が進められている。同社ではこうした状況を踏まえ、将来的に販売実績の情報を公的機関から求められても対応できるよう、顧客の情報を明確化できる場合に販売するという。

 なお、同社ではドローンの用途として、製造現場での工場内外の保守点検等、災害現場をはじめ人が立ち入れない場所での空撮監視、警備、老朽化した橋や高速道路のインフラ整備・点検、工事現場の進捗管理、新築マンションの眺望イメージ撮影などを想定している。ドローンの産業活用は、今度ますます進展していきそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  4. 【オリンピックと業界認証:2】ツアーオペレーター編

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 竹中工務店、PCa柱・梁部材の接合作業15%省力化する新工法

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. ボブ・ディランも愛する日本武道館、機能拡張へ!

  10. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

アクセスランキングをもっと見る

page top