トラスコ中山がDJI社製のドローン販売を開始、製造・建設・警備関連など各産業分野への普及を狙う 画像 トラスコ中山がDJI社製のドローン販売を開始、製造・建設・警備関連など各産業分野への普及を狙う

インバウンド・地域活性

 機械工具を扱う卸商社のトラスコ中山は、中国に本社を置くDJI社製の小型無人航空機ドローンの国内販売を今年5月に開始した。

 今回、取り扱いを開始した機種のうち、「PHANTOM3 PROFFESIONAL(ファントム3プロフェッショナル)」は、質量1.3kgで最大飛行時間は約23分、通信距離は最大2km、最大対応風速は秒速16m。一方、「INSPIRE1(インスパイア1)」は、質量2.9kgで最大飛行時間は約18分、通信距離は最大2km、最大対応風速は秒速10mとなる。

 ドローンの販売については、相次ぐ落下事故等が問題となったことで、現在は国による法整備が進められている。同社ではこうした状況を踏まえ、将来的に販売実績の情報を公的機関から求められても対応できるよう、顧客の情報を明確化できる場合に販売するという。

 なお、同社ではドローンの用途として、製造現場での工場内外の保守点検等、災害現場をはじめ人が立ち入れない場所での空撮監視、警備、老朽化した橋や高速道路のインフラ整備・点検、工事現場の進捗管理、新築マンションの眺望イメージ撮影などを想定している。ドローンの産業活用は、今度ますます進展していきそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

    上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

  2. グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

    グリーンツーリズム、20年までに年間1300万人目標/経済効果も期待

  3. 兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

    兵庫県の2号加古川橋架替、18年度事業認可をめざし都市計画変更へ

  4. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  5. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  6. みなとみらい21の大規模複合ビル計画、JR横浜駅からペデストリアンデッキで接続

  7. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  8. どこかおかしい「バス」への期待 ~観光産業、行政の皆さんへ~

  9. 白金高輪駅近くで、新たな再開発計画、街づくりに向けた動き活発化

  10. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

アクセスランキングをもっと見る

page top