米運輸省が大型バス・トラックに旋回時安全装置(ESC)の装着を義務化 画像 米運輸省が大型バス・トラックに旋回時安全装置(ESC)の装着を義務化

海外進出

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は6月3日、大型商用車にESC搭載を義務化する内容の最終規制を発表した。

ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール)は、主に旋回時に車両の安定性を引き上げる安全装置。すでに米国では、車両総重量が4.5トン以下の 全ての車両に、装着が義務付けられている。

今回、NHTSAは、車両総重量がおよそ12トンを超える大型商用車にも、ESC搭載を義務化する内容の最終規制を発表。これには、大型トラックや大型バスが該当することになる。

NHTSAによると、米国では1年間に、大型商用車の事故が1759件発生。49名が死亡し、649名が負傷している。ESCが義務化されれば、横転事故を最大で56%減らす効果が見込まれるという。また、経済効果は3億ドルを超えるという。

NHTSAのアンソニー・フォックス長官は、「大型商用車や大型バスへのESCの義務化が、高速道路での安全性の向上をもたらすだろう」と語っている。

米運輸省、大型トラック&バスにESC義務化へ

《森脇稔》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. 大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

    大和ハウスと大成建設、ベトナムで総事業費約100億円の初弾!

  3. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  4. 海建協がベトナム建設業協会と都内で意見交換、現地大手と会員の交流を促進

  5. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  6. マレーシアがより身近に!ANA、成田-クアラルンプール線を9月1日新規就航

  7. 宮崎キャビア1983、海外へ! そして1983は何を意味するのか?

  8. 三菱重工、マレーシアでMLFF方式ETCの実証試験開始

  9. 国交省のベトナム・ミャンマー訪問団派遣、中小の進出を後押し!

  10. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

アクセスランキングをもっと見る

page top