5つの商店街の連携で空き店舗19軒減など、「がんばる商店街30選」発表 画像 5つの商店街の連携で空き店舗19軒減など、「がんばる商店街30選」発表

インバウンド・地域活性

 中小企業庁は22日、「がんばる商店街30選」を中小企業ビジネス支援サイト「J-Net21」で発表した。

 これは、活性化や地域の発展に貢献している商店街の取組事例を紹介するもの。地域の特性やニーズを踏まえたうえで、創意工夫を凝らした取り組みを行う商店街を選定している。

 例えば、30選に選定された北海道室蘭市の事例では、中島地区にある5つの商店街組織を「中島商店会コンソーシアム」として集約。それまで個別に実施していた事業をまとめ、各商店街が効率よく連携を図れるようにした。

 具体的な取り組みとしては、空き店舗に地域の拠点としてサロンを開設し、その中に窓口となるコンソーシアム事務所を設置。サロンをバスの待合室や休憩所などとして解放するほか、シニアカーやベビーカーの無料貸出を行った。

 その他、店主等の研修・勉強会を開催し、一店逸品運動や買い物めぐりツアーなどを実施。外国人の受け入れにも取り組んだ結果、空き店舗が2年間で19軒減少したほか、歩行者通行量が2014年10月調査で前年比27.8%増となっている。

 商店街や店舗、企業の取り組みによって、実際に地域を活性化できるのか。「がんばる商店街30選」はその参考になりそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

    水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  2. ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

    ~地方発 ヒット商品の裏側~女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  3. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

    東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/水辺を生かした施設配置も想定

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

アクセスランキングをもっと見る

page top