2015年、タブレット端末の出荷台数は1,000万台超えの予測――PC市場と逆転か 画像 2015年、タブレット端末の出荷台数は1,000万台超えの予測――PC市場と逆転か

IT業務効率

 ICT総研は22日、「スマートデバイス」の市場動向を調査した結果を発表した。この調査では、スマートデバイスは、スマートフォンとタブレット端末(アプリを利用できる6~11インチサイズの端末)の総称と位置付けている。

 それによると、2014年度のスマートデバイス出荷台数は、前年(3,679万台)から微増し3,683万台。内訳を見ると、タブレット端末は前年比128%の916万台、スマートフォンは前年比93%の2,767万台だった。

 格安SIM市場が伸び、スマートフォン自体の販売台数が減少したことが影響し、全体の成長は鈍化したとみられる。ただしスマートデバイスの出荷台数は今後も増加し、2018年度には2014年度比21%増の4,470万台となる見込みとなっている。

 スマートデバイスに占めるタブレット端末の割合は、2013年度19.4%だったが、2014年度は24.9%。2018年度には、これが31.8%にまで拡大すると予測されている。また、2015年度には、タブレット端末の年間出荷台数が1,054万台となり、同年のノートPCの出荷台数見込み(793万台)を逆転すると予測された。

タブレット端末、今年度にノートPCと出荷台数が逆転へ

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

    ~地方発ヒット商品の裏側~破綻しかけた老舗旅館を立て直す、IT化が生んだ“おもてなし”の新たな形

  2. VRによるショッピングの未来、VRコマース

    VRによるショッピングの未来、VRコマース

  3. 政府、中小企業の生産性向上へ官民プラットフォーム設立/ノウハウや情報を100万社で共有

    政府、中小企業の生産性向上へ官民プラットフォーム設立/ノウハウや情報を100万社で共有

  4. ソニーと都内タクシー6社、AI技術を活用した配車サービス開発へ

  5. ~中小工場のIoT化最前線:1~見える化で生産性を向上!

  6. 大林組がIoTやAI活用のビル管理システムの開発へ、ウェルネス建築の一環

  7. ~中小工場のIoT化最前線:2~LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  8. ~ポストものづくり時代:5~低成長時代に生き残る戦略

  9. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  10. 【VRと中小企業:4】鋳物職人の五感を継承する最先端OJT

アクセスランキングをもっと見る

page top