2015年、タブレット端末の出荷台数は1,000万台超えの予測――PC市場と逆転か 画像 2015年、タブレット端末の出荷台数は1,000万台超えの予測――PC市場と逆転か

IT業務効率

 ICT総研は22日、「スマートデバイス」の市場動向を調査した結果を発表した。この調査では、スマートデバイスは、スマートフォンとタブレット端末(アプリを利用できる6~11インチサイズの端末)の総称と位置付けている。

 それによると、2014年度のスマートデバイス出荷台数は、前年(3,679万台)から微増し3,683万台。内訳を見ると、タブレット端末は前年比128%の916万台、スマートフォンは前年比93%の2,767万台だった。

 格安SIM市場が伸び、スマートフォン自体の販売台数が減少したことが影響し、全体の成長は鈍化したとみられる。ただしスマートデバイスの出荷台数は今後も増加し、2018年度には2014年度比21%増の4,470万台となる見込みとなっている。

 スマートデバイスに占めるタブレット端末の割合は、2013年度19.4%だったが、2014年度は24.9%。2018年度には、これが31.8%にまで拡大すると予測されている。また、2015年度には、タブレット端末の年間出荷台数が1,054万台となり、同年のノートPCの出荷台数見込み(793万台)を逆転すると予測された。

タブレット端末、今年度にノートPCと出荷台数が逆転へ

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

    山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  2. JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム、IoTやクラウドを活用

    JVCケンウッド、次世代タクシー配車システム、IoTやクラウドを活用

  3. サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

    サービス産業の「生産性向上」はいかにして達成できるのか?:2

  4. 低消費電力の無線規格Wi-SUN、もずく養殖で洋上初の実証例

  5. AI活用の次世代タクシー配車アプリ「タクベル」、DeNAがリリース

  6. 東急建設、建設現場IoTプラットフォームの実証実験/生産性向上など検証

  7. ブリヂストン、免震ゴムの納入・適用拡大

  8. サービス業のIT利用最前線!1  老舗旅館がタブレットで変革

アクセスランキングをもっと見る

page top