ミャンマーでも最低賃金問題――経営者「払えない」労働者「生活できない」 画像 ミャンマーでも最低賃金問題――経営者「払えない」労働者「生活できない」

制度・ビジネスチャンス

最低賃金が上昇した場合、工場閉鎖も視野に
ミャンマーでは、6月中にも最低賃金の改定を実施する見込みである。それについて繊維業の経営者らは、
日給1500チャットであれば支払い可能だが、1500チャットを上回った場合、状況によっては工場の閉鎖もあり得る。(ELEVEN MYANMARより)

と、賃金改定に関して不満を述べている。

ミャンマー労働組合連盟のAung Lin委員長は
賃金改定に関する発表があってからは、繊維業の経営者らの反発は激しさを増している。しかし、経営者らが提示する最低賃金で労働者の生活が困難になると判断される場合は、労働者らの意見に応えていく考えだ。(ELEVEN MYANMARより)

と述べた。

労働者は、公務員並みの日給を要求
実際に労働者からは、物価の値上がりが続いているので日給1500チャットではとても生活できない、という声や、公務員と同様に日給4000チャット(約440円)以上であるべき、との声も上がっている。なお、公務員の給与は物価上昇を背景に賃上げを実施している。

ミャンマーでは他のASEAN諸国と比較して労働賃金は低水準にとどまっている。しかし、経営者にとっては、最低賃金が上昇した場合、賃金の支払いが会社にとって大きな負担となる問題を抱える。そのため、労働者と雇用者の溝は埋まる気配を見せていない。

(画像はイメージです)

6月めどに最低賃金改定予定 労働者も雇用者も不満の声

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 農業や農産物のPR手法、おしゃれに進化!/スペシャリストが活躍

    農業や農産物のPR手法、おしゃれに進化!/スペシャリストが活躍

  3. 国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

    国交省が公共建築積算一般管理費率を見直し。中規模で予定価格2.6%上昇

  4. 所有者不明農地、増加する一方

  5. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  6. 大林組が「森林と共に生きる街」建設構想発表/中山間地での持続可能な街づくり提案

  7. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  8. 原稿料、講演料、コンサル報酬など支払うとマイナンバーが必要?

  9. 主要ゼネコン26社の16年4~9月期決算、7割近くが粗利益率10%台

  10. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

アクセスランキングをもっと見る

page top