ミャンマーでも最低賃金問題――経営者「払えない」労働者「生活できない」 画像 ミャンマーでも最低賃金問題――経営者「払えない」労働者「生活できない」

制度・ビジネスチャンス

最低賃金が上昇した場合、工場閉鎖も視野に
ミャンマーでは、6月中にも最低賃金の改定を実施する見込みである。それについて繊維業の経営者らは、
日給1500チャットであれば支払い可能だが、1500チャットを上回った場合、状況によっては工場の閉鎖もあり得る。(ELEVEN MYANMARより)

と、賃金改定に関して不満を述べている。

ミャンマー労働組合連盟のAung Lin委員長は
賃金改定に関する発表があってからは、繊維業の経営者らの反発は激しさを増している。しかし、経営者らが提示する最低賃金で労働者の生活が困難になると判断される場合は、労働者らの意見に応えていく考えだ。(ELEVEN MYANMARより)

と述べた。

労働者は、公務員並みの日給を要求
実際に労働者からは、物価の値上がりが続いているので日給1500チャットではとても生活できない、という声や、公務員と同様に日給4000チャット(約440円)以上であるべき、との声も上がっている。なお、公務員の給与は物価上昇を背景に賃上げを実施している。

ミャンマーでは他のASEAN諸国と比較して労働賃金は低水準にとどまっている。しかし、経営者にとっては、最低賃金が上昇した場合、賃金の支払いが会社にとって大きな負担となる問題を抱える。そのため、労働者と雇用者の溝は埋まる気配を見せていない。

(画像はイメージです)

6月めどに最低賃金改定予定 労働者も雇用者も不満の声

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  3. 【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

    【規制緩和が生む新観光業:3】高単価ガイドツアーが売れる理由

  4. JR東海のリニア新幹線、川崎市麻生区に都市部トンネル

  5. 建設業界、「人手不足」は根拠がない話

  6. 東京23区内の大規模建築計画上昇中!最多はやっぱりあの区!?

  7. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  8. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  9. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  10. 下請法の運用強化、親事業者に「現金支払い」要請

アクセスランキングをもっと見る

page top