大分県、廃棄物削減・リサイクル利用をリードする事業に最大1500万円の補助 画像 大分県、廃棄物削減・リサイクル利用をリードする事業に最大1500万円の補助

インバウンド・地域活性

 大分県が産業廃棄物削減や廃棄物リサイクルなどの推進にあたり、補助金の申請者募集を開始した。補助対象期間は2016年3月31日まで。

 この「大分県循環型環境産業創出事業費補助金」という補助金制度は、循環型環境産業の育成と、廃棄物削減による事業者の負担軽減を目的としたもの。新設備の導入などによって廃棄物発生を抑止・減量したり、廃棄物を原料や熱として再生利用したりする新事業に取り組む県内企業に対して、その事業経費の一部を補助する。

 県内循環型環境産業の振興を目的としているため、多分野への波及効果や技術的先進性などが補助対象選定のポイントとされている。補助率は補助対象事業費用の2分の1までで、廃棄物の発生抑制や減量化を行う「マテリアルリサイクル」は1500万円、そのほかは750万円が上限金額となっている。

 募集期間は7月31日まで。発生抑制とサーマルリサイクルで4件程度、廃プラ支援で3件程度の選定を予定している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

    【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  2. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  3. 「虎ノ門ヒルズ」が拡大・進化、「虎ノ門新駅」に超高層ビル建設

    「虎ノ門ヒルズ」が拡大・進化、「虎ノ門新駅」に超高層ビル建設

  4. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  5. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  8. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  9. ふるさと納税返礼品でのお米、8割増の2.4万トンに。銘柄PRに活用

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top