大分県、廃棄物削減・リサイクル利用をリードする事業に最大1500万円の補助 画像 大分県、廃棄物削減・リサイクル利用をリードする事業に最大1500万円の補助

インバウンド・地域活性

 大分県が産業廃棄物削減や廃棄物リサイクルなどの推進にあたり、補助金の申請者募集を開始した。補助対象期間は2016年3月31日まで。

 この「大分県循環型環境産業創出事業費補助金」という補助金制度は、循環型環境産業の育成と、廃棄物削減による事業者の負担軽減を目的としたもの。新設備の導入などによって廃棄物発生を抑止・減量したり、廃棄物を原料や熱として再生利用したりする新事業に取り組む県内企業に対して、その事業経費の一部を補助する。

 県内循環型環境産業の振興を目的としているため、多分野への波及効果や技術的先進性などが補助対象選定のポイントとされている。補助率は補助対象事業費用の2分の1までで、廃棄物の発生抑制や減量化を行う「マテリアルリサイクル」は1500万円、そのほかは750万円が上限金額となっている。

 募集期間は7月31日まで。発生抑制とサーマルリサイクルで4件程度、廃プラ支援で3件程度の選定を予定している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top