大分県、廃棄物削減・リサイクル利用をリードする事業に最大1500万円の補助 画像 大分県、廃棄物削減・リサイクル利用をリードする事業に最大1500万円の補助

インバウンド・地域活性

 大分県が産業廃棄物削減や廃棄物リサイクルなどの推進にあたり、補助金の申請者募集を開始した。補助対象期間は2016年3月31日まで。

 この「大分県循環型環境産業創出事業費補助金」という補助金制度は、循環型環境産業の育成と、廃棄物削減による事業者の負担軽減を目的としたもの。新設備の導入などによって廃棄物発生を抑止・減量したり、廃棄物を原料や熱として再生利用したりする新事業に取り組む県内企業に対して、その事業経費の一部を補助する。

 県内循環型環境産業の振興を目的としているため、多分野への波及効果や技術的先進性などが補助対象選定のポイントとされている。補助率は補助対象事業費用の2分の1までで、廃棄物の発生抑制や減量化を行う「マテリアルリサイクル」は1500万円、そのほかは750万円が上限金額となっている。

 募集期間は7月31日まで。発生抑制とサーマルリサイクルで4件程度、廃プラ支援で3件程度の選定を予定している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  4. 高速道路各社/過積載取り締まり強化/関東・関西で悪質違反者初告発

  5. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  6. 常磐道・福島側4車線化工事に着手/早期復興に弾み、20年度完成へ

  7. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  8. 羽田空港跡地開発、「にほん文化体験館」などインバウンド/地方創生拠点も

  9. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  10. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

アクセスランキングをもっと見る

page top