現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催 画像 現役高校生が考える地域活性化ビジネス……千葉商科大「地元再発見コンテスト」が開催

インバウンド・地域活性

 千葉商科大学が、現役高校生から地域資源を活用したビジネスプランを募る「地元再発見コンテスト」の募集をスタートした。

 地元再発見コンテストは、地元の食べ物や伝統的な商品、観光資源、地元企業をベースとした新たなビジネスプランを募集するイベントで、昨年に続いて第2回目の開催となる。若い世代の視点を取り込むことを目的としており、現役高校生の個人もしくはグループが対象。

 2014年度のコンテストでは、長野女子高等学校の外山絢弓さんが、「内山和紙とフラワーのナチュラルウェディング in 木島平」というプランを提案。長野県下高井郡木島平村の伝統の内山和紙づくりを体験できる家「かみすき家」と、村内のフラワーガーデン「木島平やまびこの丘公園」を組み合わせ、最優秀賞を受賞している。

 今回の開催でも引き続き目標としているのは、地域活性化と新たなビジネスの創出。応募締め切りは10月2日で、最優秀賞には賞状と奨学金として10万円がおくられる。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 鹿島、洋上風車の急速施工法確立…複数作業構台で別工種同時施工

  8. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  9. 富裕層インバウンドの法則その2

  10. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

アクセスランキングをもっと見る

page top