自動車整備士不足、対策は職場環境改善や女性活用など――国交省 画像 自動車整備士不足、対策は職場環境改善や女性活用など――国交省

人材

国土交通省は、自動車整備業での人材確保に向けての具体的な改善対策を検討すると発表した。

日本自動車整備振興会連合会が今年3月に発行した「自動車整備白書」では、約5割の整備事業場で整備士が不足しており、約1割の事業場が既に事業に支障が出ているとの調査結果が出ている。

自動車整備業での人材確保のため、休暇、作業環境、やりがいなど、労働環境や待遇の改善、整備士の技能の向上・育成、女性の活用などについて具体的な改善対策を検討するため、「自動車整備人材の確保・育成に関する検討会」を立ち上げる。

1回目となる検討会を6月18日に開催し、自動車整備士の労働環境、待遇の現状、課題の整理する。

国交省、自動車整備士の人材確保に向けて検討開始…環境改善や女性活用など

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

    「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  3. クレーン建協神奈川支部がオペレーター養成 建設労働者育成支援

    クレーン建協神奈川支部がオペレーター養成 建設労働者育成支援

  4. 社歌コンテスト、大賞発表! 激戦を勝ち抜いたのはこの動画!!

  5. 建設コンサル各社で離職率低下、ワークライフバランスの広がりが決め手

  6. 【社歌コン 応募社の横顔:29】社内ライブから心一つに-北海道の石油販売

  7. 【HANJO女子】印象が一変! 建設業界は女性でも活躍できる!

  8. 【社歌コン 応募社の横顔:22】動画制作が生む新事業-徳島の不動産会社

  9. 2016年新卒、就職人気企業ランキングまとめ

  10. プロフェッショナルバンクが建設専門ヘッドハンティングを9月始動

アクセスランキングをもっと見る

page top