ドローン市場拡大にはユーザー理解と法整備が必要? 規制賛成が6割超 画像 ドローン市場拡大にはユーザー理解と法整備が必要? 規制賛成が6割超

IT業務効率

 ジャストシステムは18日、ドローンに関するアンケート調査の結果を発表。ドローン規制に対しては6割以上が「賛成」と、多数を占める結果となっている。

 今回のアンケートは、ジャストシステムがセルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」で行ったもの。10代から60代の男女552名の回答をまとめている。回答者の男女比や年齢層は各世代ほぼ均等。

 ドローンは災害現場や物流での活用など、新たな産業として活性化が期待されており、国内でも大学系などの開発ベンチャーの立ち上げが始まっている。政府の成長戦略にも盛り込まれる動きがあり、製造分野の新たな市場として注目されている。一方でドローンを使った威力業務妨害事件も起こり、国内では規制法案が提出され、議論の対象となってきた。

 今回のアンケートでも、ドローンについて「知っているが興味はない」と答えた層を含め、認知している割合は88.4%と高い水準に。活用を期待する分野としても、「災害救助(72.5%)」を筆頭に「映像領域(69%)」「救急医療(65.5%)」など、多くの分野に高い期待が寄せられている。

 他方、規制の是非については「どちらかといえば賛成」を含め、64%が規制に賛成。「反対」「どちらかといえば反対」の11.1%に大きく差を付けている。年齢が高いほど規制賛成の割合は高く、60代では79.8%が賛成となっている。規制内容としてはプライバシーへの配慮の義務化、使用禁止区域の設定、購買者の登録義務化などへの支持が特に高い。

 新産業として注目を集める中で、規制は成長に水を差すという懸念もあるが、今回のアンケートでは犯罪への利用やプライバシーとの調整など、課題意識を持つ人の多さが改めて明らかになっている。技術開発のみならず、こうした問題の現実的調整や、ユーザーの抵抗意識を変えるための働きかけが、ドローン関連事業者にとっては重要課題といえそうだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 日本EVクラブ、自動運転レースを計画…11月3日 筑波

    日本EVクラブ、自動運転レースを計画…11月3日 筑波

  2. カブクとFEEL GOOD CREATIONが業務提携、3Dプリンタの造形から仕上げまでをワンストップで提供

    カブクとFEEL GOOD CREATIONが業務提携、3Dプリンタの造形から仕上げまでをワンストップで提供

  3. 山形県・酒田港に木質バイオバス発電所、10万世帯分をまかなう

    山形県・酒田港に木質バイオバス発電所、10万世帯分をまかなう

  4. ■ニュース深堀り!■高付加価値を実現、IoTの養蜂革命!

  5. 山梨市を巨大“実験場”に、ブドウ園に環境センサー、果樹ICT化構想スタート!

  6. 【外食ビジネスウィーク:1】集客・人手対策の最新事情

  7. 東北整備局の秋田建協ら、地域企業にi-Con参入機会を提供

  8. 富士訓練センターでi-Con標準課程の試行講習を実施、地元企業らICT土工を学ぶ

  9. 東芝の再生は横浜から、「スマートシティ」技術の発信次々と

  10. 年額約5万円のマイナンバー対策――NTTデータ「達人」シリーズに新ラインナップ

アクセスランキングをもっと見る

page top