ドローン市場拡大にはユーザー理解と法整備が必要? 規制賛成が6割超 画像 ドローン市場拡大にはユーザー理解と法整備が必要? 規制賛成が6割超

IT業務効率

 ジャストシステムは18日、ドローンに関するアンケート調査の結果を発表。ドローン規制に対しては6割以上が「賛成」と、多数を占める結果となっている。

 今回のアンケートは、ジャストシステムがセルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」で行ったもの。10代から60代の男女552名の回答をまとめている。回答者の男女比や年齢層は各世代ほぼ均等。

 ドローンは災害現場や物流での活用など、新たな産業として活性化が期待されており、国内でも大学系などの開発ベンチャーの立ち上げが始まっている。政府の成長戦略にも盛り込まれる動きがあり、製造分野の新たな市場として注目されている。一方でドローンを使った威力業務妨害事件も起こり、国内では規制法案が提出され、議論の対象となってきた。

 今回のアンケートでも、ドローンについて「知っているが興味はない」と答えた層を含め、認知している割合は88.4%と高い水準に。活用を期待する分野としても、「災害救助(72.5%)」を筆頭に「映像領域(69%)」「救急医療(65.5%)」など、多くの分野に高い期待が寄せられている。

 他方、規制の是非については「どちらかといえば賛成」を含め、64%が規制に賛成。「反対」「どちらかといえば反対」の11.1%に大きく差を付けている。年齢が高いほど規制賛成の割合は高く、60代では79.8%が賛成となっている。規制内容としてはプライバシーへの配慮の義務化、使用禁止区域の設定、購買者の登録義務化などへの支持が特に高い。

 新産業として注目を集める中で、規制は成長に水を差すという懸念もあるが、今回のアンケートでは犯罪への利用やプライバシーとの調整など、課題意識を持つ人の多さが改めて明らかになっている。技術開発のみならず、こうした問題の現実的調整や、ユーザーの抵抗意識を変えるための働きかけが、ドローン関連事業者にとっては重要課題といえそうだ。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

    LINE対抗と騒がれるも実際は?キャリア3社が共同開発した「+メッセージ」とは?

  2. 新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

    新時代の交通の実現を目指し「AI運行バス」実証実験を実施/会津若松

  3. 国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

    国交省が「i-Con大賞」授与式、大臣賞は砂子組とカナツ技建工業

  4. ~ITで強い商店街を作る:4~地域カードで商店街の垣根を越える

  5. 農業・手作業だった誘引作業を簡単に行える機械が登場!

  6. 日本のものづくり史……大学生向け講座

  7. ~ITで強い商店街を作る:1~地域ポイントサービスとその先

  8. 沖縄の訪日観光客はなぜ、ICリストバンドを装着しているのか?

  9. コンチネンタルの次世代車載レーダーモジュールにフリースケールの77GHz技術を統合

  10. 立って乗るトランスポーター、セグウェイよりも安定感が

アクセスランキングをもっと見る

page top