ミャンマー電力ビジネスの見本市「MYANENERGY 2015」が12月に開催 画像 ミャンマー電力ビジネスの見本市「MYANENERGY 2015」が12月に開催

マネジメント

ヤンゴンで電力関連の最新情報がわかる「MYANENERGY 2015」冬開催!
ヤンゴンのイベントパークで、「MYANENERGY 2015」が開催される。実施日時は2015年12月3日~12月5日の3日間だ。この展示会は東南アジア内の最新かつ利益ある市場で、参加者のビジネスを活発にする為に役立つに違いない。

MYANENERGY 2015は工場やビルの管理者、技術者、さらにトレーダーや建築家および主要な政府関係者など、あわせて8000人を超える専門家や関係者たちが参加を希望するミャンマー最大規模の展示会で、国際発電や配電および電気工学などの最新情報を知ることができる。

また2014年開催された同イベント参加者の質や規模などについて、出展企業の8割~9割以上が満足しているという。(イベント詳細は同サイトまで)

ミャンマーの電力発展計画とは?
ミャンマー政府は2031年までに出力量を4,581MWから6倍を超える29,000MW以上に押し上げることを目的とした、「15年間電力発展計画」を持つ。

そしてこの電力増加プランは国内ほとんどの電力填補の為の計画とともに、発展が進むミャンマーの産業分野で、外国からの直接投資が経済に流入してくることで起こるだろう高い需要が見込まれているという。

このように電力の発展を目指すミャンマーでビジネスを考える人にとって、同展示会参加はビジネスの為の大きな好機かもしれない。

(画像はAMB EVENTS SDN BHDより)

電力発展を目指すミャンマーでビジネスチャンス!「MYANENERGY 2015」開催

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

    日立建機、後方超小旋回型ミニショベルをモデルチェンジ…排ガス規制に対応

  2. 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

    事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

  3. 竹中工務店、液状化対策工法の設計法で一般評定を取得

    竹中工務店、液状化対策工法の設計法で一般評定を取得

  4. 最寄の宅急便センターを自社拠点として利用できる「ヤマト クラウドデポ」開始

  5. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  6. 民事再生法を申請した企業の存続率は4割弱……申請企業の約1/4が製造業

  7. 本日の新聞から:「MRJ」4回目の納入延期

  8. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  9. 従業員が仕事と家庭の両立目的で家事サービスを活用すると都から助成金がもらえる!

アクセスランキングをもっと見る

page top