ミャンマー電力ビジネスの見本市「MYANENERGY 2015」が12月に開催 画像 ミャンマー電力ビジネスの見本市「MYANENERGY 2015」が12月に開催

マネジメント

ヤンゴンで電力関連の最新情報がわかる「MYANENERGY 2015」冬開催!
ヤンゴンのイベントパークで、「MYANENERGY 2015」が開催される。実施日時は2015年12月3日~12月5日の3日間だ。この展示会は東南アジア内の最新かつ利益ある市場で、参加者のビジネスを活発にする為に役立つに違いない。

MYANENERGY 2015は工場やビルの管理者、技術者、さらにトレーダーや建築家および主要な政府関係者など、あわせて8000人を超える専門家や関係者たちが参加を希望するミャンマー最大規模の展示会で、国際発電や配電および電気工学などの最新情報を知ることができる。

また2014年開催された同イベント参加者の質や規模などについて、出展企業の8割~9割以上が満足しているという。(イベント詳細は同サイトまで)

ミャンマーの電力発展計画とは?
ミャンマー政府は2031年までに出力量を4,581MWから6倍を超える29,000MW以上に押し上げることを目的とした、「15年間電力発展計画」を持つ。

そしてこの電力増加プランは国内ほとんどの電力填補の為の計画とともに、発展が進むミャンマーの産業分野で、外国からの直接投資が経済に流入してくることで起こるだろう高い需要が見込まれているという。

このように電力の発展を目指すミャンマーでビジネスを考える人にとって、同展示会参加はビジネスの為の大きな好機かもしれない。

(画像はAMB EVENTS SDN BHDより)

電力発展を目指すミャンマーでビジネスチャンス!「MYANENERGY 2015」開催

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

    わずか15分の健康診断、従業員の検診率と満足度を同時に満たす「ケアプロ」とは?

  2. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

    【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  3. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  4. 運送企業を対象に「衝突防止補助システム」を無料モニター提供

  5. 建設現場の労災死傷者が減少…業種別では依然として最多

  6. 燃料油国内販売、2か月連続マイナス

  7. 手間とコストを削減! 個人事業主向け振込代行サービスが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top