渋谷のクラブに埼玉の蔵元が集結、地酒がテーマの「日本酒コン」開催 画像 渋谷のクラブに埼玉の蔵元が集結、地酒がテーマの「日本酒コン」開催

インバウンド・地域活性

 リカー・イノベーションは7月4日、東京・渋谷の人気クラブ「CAMELOT」で、日本酒をテーマとした地域活性化イベント「KURATOMO 第一回 日本酒コン」を開催すると発表した。

 今回、埼玉県を代表する5つの蔵元が参加する「日本酒コン」。”地酒をテーマとしたイベント”ということで、”地域活性化と結婚支援を同時に実現する”という同社の「蔵とも(KURATOMO)」プロジェクトの一環として開催される。

 同イベントでは日本酒好きな人を対象に、20歳から49歳までの独身男性150名と、20歳から39歳までの独身女性150名を募集。埼玉の日本酒の飲み比べの他、お酒の好みによるマッチングゲーム等、参加者間の交流を促すような催しを予定している。

 全国4位の日本酒生産量を誇る埼玉県。イベントには石井酒造、釜屋、寒梅酒造、晴曇雲酒造、滝澤酒造と5件の蔵元が参加し、クラブDJが盛り上げる渋谷の会場で日本酒を提供するという。

 なお、イベントは日本酒のセルフ飲み放題店舗を展開するリカー・イノベーション株式会社の他、結婚相手の紹介サービスを運営する株式会社ツヴァイ、イベントプロデュースを手掛ける株式会社エポックコミュニケーションズの3社共同で行われる。参加費は男性が5000円、女性が4000円。

 街コンに”日本酒”の要素が加わった「日本酒コン」。クラブ施設を活用したイベントで盛り上がりが予想されるが、くれぐれも飲み過ぎには注意したい。
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  3. 徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

    徳島上勝町から、地域産業活性化の原点を考える10の教訓

  4. ~着地型観光:2~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(後編)

  5. 泉岳寺周辺地区再開発、「泉岳寺」も専門アドバイザーとして参加!

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 「キャベツサイダー」登場! 捨てるなんてもったいない、外葉や芯からエキスを抽出

  9. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  10. 東池袋駅直上部の再開発、高さ125m、新たに二つの広場も

アクセスランキングをもっと見る

page top