伝統工芸の職人がディズニーの世界観を表現――「インテリア ライフスタイル TOKYO」 画像 伝統工芸の職人がディズニーの世界観を表現――「インテリア ライフスタイル TOKYO」

イベント

 6月10日から12日の3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催されたインテリア・デザイン市場の国際見本市「インテリア ライフスタイル TOKYO」。今年で25周年を迎え、参加企業は衣食住を中心とした様々なジャンルから769社が集結。展示内容はデザイングッズや知的トイ、クラフト、インテリア、ファッションなど。国際的な感覚に満ちたデザインと個性を兼ね備えた商材がそろった。

 その中で今回紹介するのはディズニー<ジャパン クラシック>シリーズの製品。日本が誇る伝統の職人技とディズニーのキャラクターの世界観が融合し、江戸硝子のグラスや有田焼の食器、アルミ加工技術を応用したアイスクリームスプーン、“眼鏡の聖地”鯖江の眼鏡加工技術を用いたルーペなどがラインナップされる。

 特にアイスクリームスプーンを開発したタカタレムノス、ペンダントルーペを開発したKISSOの2社を製品へのこだわりや特徴なども交えて詳しく紹介する。

 なおディズニー<ジャパン クラシック>シリーズの一部商品は、全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト「47Club」で16日より取り扱い可能となっている。

<タカタレムノス>
 鋳物の生産が盛んな富山県高岡市に本社を置くタカタレムノスは主にデザインクロックなどを手がけるデザインメーカー。真鍮(しんちゅう)やアルミの鋳物を素材にした製品などの製造を手がける高田製作所が母体であり、そこのノウハウを生かしてインテリア関連商品なども手がけている。2011年に誕生したのが「15.0% 北陸の伝統産業 高岡のアルミ製アイスクリームスプーン」だ。

 スプーンの素材には高純度のアルミマグネシウム合金を使用。熱伝導性が優れているため凍って固いアイスクリームでも手の温もりが伝わり、適度に溶かしながらすくうことができる。製品誕生のきっかけはデザイナーの寺田尚樹氏が新幹線に乗った時に買ったアイスクリームが固くてすくいづらく、おいしく食べられるスプーンを考えたことがきっかけだったという。

《江口和孝/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

    【新ものづくり・新サービス展:1】好調の観光業で光る独自製品

  2. 「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

    「いきなり!ステーキ」、客離れを取り戻した戦略とは?

  3. 新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

    新業態など注目集まるコインランドリー、東京で2日より専門展

  4. 地球温暖化が今後のビジネスに与える影響……池上彰が分かりやすく解説

  5. 社員に選ばれる企業への一歩「サテライトオフィス」、経費削減にも

  6. 「地方創生カレッジ」で進む人材育成、求められる担い手とは?

  7. 【特集・スマート決済】インバウンド は「アクセプタンスマーク」で!!

  8. 【FTIJ2016】手に取った商品が多言語で分かる、商品棚にタブレットが並ぶ

  9. 【インバウンドEXPO:3】体験型+VR集客が成功の方程式に

  10. 【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト

アクセスランキングをもっと見る

page top