ストップ異物混入! エアではなく静電気で確実除去――エコーと芝浦工大が開発 画像 ストップ異物混入! エアではなく静電気で確実除去――エコーと芝浦工大が開発

IT業務効率

 芝浦工業大学は16日、カップ麺などの乾燥キャベツや乾燥レタスの出荷前選別工程で、異物混入を防ぐための静電選別装置「回転輸送型静電選別装置」を、食品製造機械製造メーカーのエコーと共同開発したことを発表した。開発したのは、同大学工学部機械工学科の佐伯暢人(まさと)教授。

 食品製造における異物除去の精度向上と、人的工程を省くことで人件費の削減と衛生面リスクの低減を可能としている。異物がどの部分に付着していても高い回収を可能としており、実験では純度100%、回収率99%以上での食品回収を実現している。

 従来の異物除去はカメラで異物を認識し、空気噴射で排除するといった方法が取られていたが、食品に付着した異物の除去は困難という問題があった。今回の製品では傾斜した円筒ドラム形の装置が回転し、円筒内に電界を形成して静電気力で異物を上昇させ、集塵機で回収する仕組みとなっている。

 今後は乾燥野菜以外への応用も視野に入れ、2年以内の製品化と販売を目指していく。

乾燥食材への異物混入防ぐ「静電選別装置」を芝浦工業大学が開発

《小菅》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

    米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  2. お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

    お堅い独立行政法人がバズる動画を作るまでの物語

  3. i-Con委の報告書。ICTやIoTの活用で生産性向上

    i-Con委の報告書。ICTやIoTの活用で生産性向上

  4. ~ポストものづくり時代:2~“山間辺地へ通勤”に将来性あり

  5. 急増する空き家、ITで生き返るか?

  6. 土木学会のAI懇談会が初会合/IoTやビッグデータを土木分野にどう活かす?

  7. 日本郵便、470自治体と協定。非常時に被災者情報

  8. タブレットやモニターでグループ学習を可能に/NEE2017

  9. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

  10. 地域別・テーマ別に日本をみる! 統計データ利活用アイデア募集

アクセスランキングをもっと見る

page top