クラウドファンディングで中堅中小・ベンチャー企業を支援、まずは製造業から 画像 クラウドファンディングで中堅中小・ベンチャー企業を支援、まずは製造業から

制度・ビジネスチャンス

 グローバルタスクフォースは日本クラウド証券と共同で、中堅・中小企業やベンチャー企業に対し、クラウドファンディングによる資金支援やハンズオン支援を展開していくと発表した。

 グローバルタスクフォースはこれまで、企業の再編や成長支援事業、経営人材育成支援を展開してきた。一方、日本クラウド証券は投資型クラウドファンディングのプラットフォーム「クラウドバンク」を運営しており、今回は互いが培ってきたノウハウやリソースを活用する。

 両社の協同による今回の事業は、中堅・中小規模ながらもニッチ市場でトップクラスのシェアを誇る企業や、世界市場を狙える将来性を持つベンチャー企業や成長企業を支援するもの。従来型のファンドでは資金調達の際に、事業の切り売りや転売等の財務リストラ、人員削減をはじめとした人的リストラを求められるケースがあり、技術力やサービス力など企業が持つ価値が失われてしまう可能性があった。

 そこでクラウドファンディングを使い、企業の強みを損なうことなく支援していくのが、今回の事業の目的となる。商品や企画などではなく、企業に対してクラウドファンディングで出資を募るという点でも、注目される事業となるだろう。

 支援スキームは大きく2つにわかれ、1つ目の「I型.融資型クラウドファンディング」が対象とする企業は電気・電子、素材・化学、機会・加工関連企業など。対象事業は各分野で世界トップシェアを持つニッチ事業で、「事業再構築費用」「海外販路拡大費用・人材」「新規投資費用」「戦略的連携先獲得」について支援を行う。

 一方、支援スキームの2つ目は「II型.株式型クラウドファンディング」で、対象となるのはスタートアップや成長産業関連の企業。対象事業は早期に世界市場を狙える事業で、「シード~アーリー段階の投資」成長追加投資の検討・実施」「オープンイノベーション推進」「戦略連携先の獲得」「CFO・IR支援」について支援を行う。

 いずれも目標金額の100億円を募り、貸し付けを行う。まずは6月に共同案件としてスタートし、製造業支援に取り組むという。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

    野村不動産、東芝青梅事業所跡開発/売却額は100億円

  2. ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

    ESRが千葉県市川市に大型物流施設、コンセプトは「人に優しい設計」

  3. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

    設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  4. 宮崎県/防災拠点庁舎建設3件入札公告/建築はWTO対象

  5. 【解決! 社長の悩み相談センター】第23回:創業資金調達、銀行か親戚・友人か?

  6. 国交省、旧38条認定建物の増改築規制緩和、大掛かりな工事不要に

  7. 四国横断道吉野川大橋、延長1696.5メートル

  8. 「国家戦略特区」その後~ドローン、民泊、外国人就労~合格点はどれ?

  9. 国交省が低入札調査の基準額を引き上げ、工事は予定価格の89%に

  10. 主要ゼネコン26社4~6月期決算/受注高は15社増加、手持ち工事消化を優先

アクセスランキングをもっと見る

page top