やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト 画像 やまぐち県酪乳業がカルビーに提案、秋にコラボ商品を発売へ――フルグラヨーグルト

マネジメント

 カルビーは16日、東京都内でフルグラ事業戦略発表会を開催、その中で「フルグラで地方の朝食に新風を」のテーマのもと、山口県のやまぐち県酪乳業とのコラボ商品、「フルグラヨーグルト」を発表した。

 カルビーの「フルグラ」(商品名。ドライフルーツ入りグラノーラ)は、ヨーグルトと食べることを提案してから売り上げが急成長した。フルグラのヒットにより、カルビーでは、朝食市場に新カテゴリー、“グルグラ”=ヨーグルト+グラノーラが誕生した、という。

 カルビーでは今後もフルグラ市場の成長を予想しているが、ヨーグルト+グラノーラというグルグラ事業の成長への壁のひとつとして「都会偏重」をあげる。フルグラが都会風の食べ物として認識されていることから、「地方発」の企画への挑戦が必要と考えていた。ヨーグルトとグラノーラをセットにした“グルグラ”を商品化するとともに、地方の朝の食卓を豊かにしたいという意図があった。

 いっぽう山口県にある乳業メーカー、やまぐち県酪乳業では、脱価格競争、高付加価値商品の提供、そしてカルビーと同じく地方の朝の食卓を豊かにしたいという課題があった。今回の新商品は、時間のない朝食ではフルグラとヨーグルトを一緒に食べている、という若手社員の発言から企画された。フルグラに合うヨーグルトを開発、カルビーにコラボ商品を提案し、「フルグラヨーグルト」が実現した。

 「フルグラヨーグルト」の正式発売は今年初秋を予定、九州エリアで販売される。価格は未定。100g前後のヨーグルトと40gのフルグラがセットになっていて、これで1食分となる。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

    ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化――道路運送車両の保安基準改訂

  3. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

    いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

  4. 人手不足で29社が倒産、後継者不在と求人難が中小企業経営の重要課題に

  5. 物流デベロッパー・トップの視点(6):レッドウッドグループ、時間かけ川上から土地情報把握

  6. ゼネコン上場大手4社、15年4~9月期決算で全社増収営業増益

  7. 【倒産情報】ものづくり日本大賞優秀賞のアジア技研、福岡地裁に民事再生法適用を申請――負債総額約8億円

  8. 五洋建設と大新土木、共同開発の「多機能バックホウ浚渫船」完成

  9. 鹿島道路のイメージキャラ「かじまる」が好評

  10. ムスリム観光客へのおもてなし勉強会、3月から毎月開催

アクセスランキングをもっと見る

page top