健康経営が企業価値を高める!メガネのオンデーズが社員にがん検診を義務化 画像 健康経営が企業価値を高める!メガネのオンデーズが社員にがん検診を義務化

人材

 メガネやサングラスといったアイウェアの製造販売を手がけるオンデーズは、30代以上の社員を対象にがん検診を義務化した。社員の健康管理を経営戦略の1つと捉え、検診費用を会社が負担する。

 今回の取り組みは、一般的な健康診断では発見しづらいガンの早期発見が目的。各種健康促進に関する補助の対象者は”非喫煙者”に限定され、がん検診義務化で検診費用が会社負担となるのは、オンデーズに属する30代以上の非喫煙者社員のみとなる。これによって、社員自身の健康意識を高めることが狙いだ。なお、検診の対象は男性が胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がんなど。一方、女性が子宮頸がん、乳がんなどとなる。

 近年では経営的な視点から従業員の健康維持とその増進を図ることで、生産性の向上や業績アップにつなげようという健康経営の考え方が広がってきている。経済産業省がこうした取り組みに積極的な企業を「健康経営銘柄」として選定するなど、健康経営がその企業の価値を高めることにもつながるようだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. 儲かっている会社=信頼関係のある会社

    儲かっている会社=信頼関係のある会社

  2. 【社歌コン 応募社の横顔:4】1人でも社歌。人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

    【社歌コン 応募社の横顔:4】1人でも社歌。人生を叫ぶ-岩手の自動車整備工

  3. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  4. 迫る中小経営者の大量引退時代。廃業ラッシュは食い止められるか?

  5. HANJO HANJO、「中小企業 社歌コンテスト」を実施、社歌動画を募集!

  6. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  7. 女性も働きやすい建設現場へ…男女別トイレのモデル工事

  8. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】普通の主婦から社長に――ダイヤ精機の改革と人材育成の極意に学ぶ(1)

  10. 【HJ HJ EYE:1】嘉悦大学はなぜ、中小企業を徹底研究するのか?

アクセスランキングをもっと見る

page top