ミャンマーでの人材、ビジネスパートナー探し――SEDA-Tokyoのビジネス視察ツアー 画像 ミャンマーでの人材、ビジネスパートナー探し――SEDA-Tokyoのビジネス視察ツアー

海外進出

SEDA-Tokyoが提供する「ミャンマー現地ビジネス視察ツアー」
一般社団法人のSEDA-Tokyo (セダ東京)は、「ミャンマー現地ビジネス視察ツアー」を提供している。

これから海外とのビジネスでミャンマー進出を考えている企業を対象として、ミャンマーの実情を参加者の目で見て聞いて理解することができるツアーだ。

視察ツアーのメリットと、SEDA-Tokyoの強みとは?
SEDA-TokyoはミャンマーSEDAとの共同により、ビジネスマンや将来を期待された優秀な学生など、日本語を理解する厳選されたミャンマー人の現地スタッフが1300名ほど活動している。

このような背景により、視察ツアー参加を希望する企業の情報から最善の仕事パートナーを紹介することが可能だ。さらに同団体の会員登録をすることで、日本人が心地良く過ごせるように最適化され、お手伝いする人や支配人が常に待機する、現地の素敵なゲストハウスも利用できる。

そのうえビジネス視察ツアーには、中小企業および大手企業のオーナーや、ビジネス経験が豊かなプロたちがそろうSEDA-Tokyoのスタッフも同行するので、企業進出の為の事前調査で初めてミャンマーへ行くビジネスマンも安心して活動できるだろう。

次のビジネス現地視察ツアーは11月に予定されており、現在準備中だという。(ツアーの行程は同サイトで確認して頂きたい)

現地ビジネス施設などの視察だけではなく、現地の日本語ができるスタッフとの交流会もある。さらにツアー最終日には市内の観光も可能なので、滞在期間中にミャンマーの状況や、現在の街や人々の雰囲気を肌で感じることができ、今後の企業進出の為に大いに役立つに違いない。

(画像はSEDA-Tokyoより)

企業進出の為のミャンマー初視察も安心!SEDA-Tokyoのビジネス視察ツアー

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. 不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

    不況のタイ、しかし「どこに行っても中国人」は変わりなし

  3. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  4. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  5. 【国産家具を世界へ!:1】日本だけの“ストーリー”をデザインする

  6. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

  7. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  8. 【時事エッセイ】バンコクで発見した、日本発インフラのクオリティ

  9. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  10. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

アクセスランキングをもっと見る

page top