蔵王山火口周辺、噴火警報を噴火予報に引き下げ 画像 蔵王山火口周辺、噴火警報を噴火予報に引き下げ

インバウンド・地域活性

 気象庁は16日9時、蔵王山の火口周辺警報(火口周辺危険)を解除した。

 蔵王山では、2013年以降、火山性地震の増加や火山性微動の発生が観測されており、今年4月ごろより火山性地震が増加。火山活動が活発になっており、4月13日に「噴火警報(火口周辺)」が発令されていた。

 5月下旬以降は、地震も少なくなり、火山性微動も5月17日以降は観測されていなかった。現地調査などでも、想定火口域(馬の背カルデラ)内に変化がなかったため、6月16日に「噴火予報(活火山であることに留意)」に引き下げられた。

 ただし長期的な観点から、今後も火山活動の推移に注意するよう呼びかけている。また火口域内で突発的な噴出が発生する可能性もあり、周辺では注意が必要だ。

気象庁、蔵王山の火口周辺警報を解除

《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 建築物のひび割れ、ドローンで補修

  5. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  6. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  9. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

アクセスランキングをもっと見る

page top