食料品・日用品をスマホ注文、約1時間で届ける時代が到来、都内武蔵野市での取り組み 画像 食料品・日用品をスマホ注文、約1時間で届ける時代が到来、都内武蔵野市での取り組み

インバウンド・地域活性

 買い物代行ファーストデリバリー事業を展開するタマハイは15日、食料品・日用品の購入注文をスマホで受け付け、注文から約1時間後に商品を自宅へデリバリーするサービスを開始。iPhone版とAndroid版のスマホアプリをリリースした。

 同サービスの利用方法として、ユーザーは手持ちのスマホにアプリをインストールし、氏名・住所・電話番号などを登録。あとは水を1本、レタスを4個、りんごを1個というように、選択肢から希望の商品とその個数を選んで「買い物カゴ」へ入れて注文。すると、1時間後に商品が手元へ届く仕組みだ。

 ユーザーにとって便利なサービスであることはもちろん、タマハイにとっては、対象エリアを東京都武蔵野市に限定することで注文後約1時間での配送を可能にしたほか、買い物代行の形をとることで商品在庫を抱えることなく事業を運営できるメリットがある。買い物代行であるだけに、地域の小売店や量販店などの売り上げにも貢献できる。Win-Win-Winの地域密着型サービスだと言える。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

    小岩駅北口地区再開発、にぎわいあふれる市街地へ!

  3. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

    福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  9. 尾道市の千光寺公園のリニューアル、坂の町に調和したデザインに

  10. 大阪、2025年の万博候補地を夢洲に集約。カジノを含む統合型リゾートも

アクセスランキングをもっと見る

page top