農林水産・食品の未来を拓く!? アグリビジネスの産学連携マッチングイベントが11月開催 画像 農林水産・食品の未来を拓く!? アグリビジネスの産学連携マッチングイベントが11月開催

インバウンド・地域活性

 農林水産省は15日、「アグリビジネス創出フェア2015」を11月に開催するにあたり、出展者の募集を開始した。フェア内ではマッチング企画も予定しており、その協力機関も同時に募集する。

 同フェアは農林水産・食品分野などにおける、最新の研究成果をPRするためのイベント。研究成果の実用化・事産業化を図り、アグリビジネスの創出を目指す。さらに、研究機関同士をはじめ、研究機関と事業者との産学連携を促す技術・交流展示会としても機能する。

 また、産学連携をよりいっそう促進させるためにマッチング企画を実施する予定。「研究・技術プレゼンテーション」「各出展機関が主体となって実施する連携促進企画」「Webによる情報発信」という3つの取り組みで、マッチング企画への協力機関を募集する。

 同フェアの開催日程は11月18日~20日の3日間で、会場は都内江東区の東京ビッグサイト。入場料と出展料はともに無料で、延べ3万5000人以上の参加を目標にしている。

 なお、同フェアは出展が有料の展示会への参加が困難な公的研究機関、および大学等にもその技術を紹介できる機会としているため、すでに営利目的で事業化されている研究成果等については、「アグロ・イノベーション2015」への出展を勧めている。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

    ムラサキウニ、キャベツで養殖したところ、高級食材に!

  3. 埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

    埼玉発「野菜すし」登場! ベジタリアンから訪日客まで

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  5. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  6. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  7. ■ニュース深掘り!■中野から考える、都市部の駅前再開発

  8. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  9. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  10. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

アクセスランキングをもっと見る

page top