あなたの会社も申請しよう!キラリと光るものづくり企業を愛知ブランドに認定 画像 あなたの会社も申請しよう!キラリと光るものづくり企業を愛知ブランドに認定

インバウンド・地域活性

 愛知県は15日、平成27年度の「愛知ブランド企業」の申請受付を開始した。受付期間は7月17日まで。申請資格があるのは、県内に本社または工場を有する製造業で、企業規模の大きさは問わない。

 「愛知ブランド企業」とは、県内の優れたものづくり企業を認定するもので、認定基準は「理念、経営トップのリーダーシップ」「人の活性化と業務プロセスの効率化、革新」「 コア・コンピタンス(技術、製品、プロセス等における独自の強み)」「顧客との関連性の質、深度を高める顧客価値構築」「社会、環境への配慮」の5つだ。担当職員が申請した企業を訪問して現地確認を行い、有識者で構成する「愛知ブランド評価委員会」により選定。認定企業に対しては、翌28年の2月~3月頃に行われる認定式で、認定書を交付する。

 平成15年度から認定を開始しており、平成26年度までに309社を認定している。26年度の認定企業は以下の通り。食料品製造業の八雲、ヤマコ、宮川産業。飲料・たばこ・飼料製造業の清洲桜醸造。金属製品製造業の伊勢安金網製作所、矢留工業、フロロコート名古屋、イワタツール。生産用機械器具製造業の三洋機工。電気機械器具製造業のオーエムヒーター。輸送用機械器具製造業の興和精密工業、ティムス、榊原精器。その他の製造業の三浦太鼓店。合計で14社となる。

 過去に同認定を受けた企業は大きく飛躍し、愛知、興和精密工業、昭和電機製作所、半谷製作所、平松食品、豊電子工業の6社は、中小企業庁が実施する「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選定。工業用ろ過機のパイオニアメーカーとも言える三進製作所は、ドイツのフランクフルトで開催される国際化学技術見本市「ACHEMA2015」に出展を予定している。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

    中国のクルーズ船に学べ! 船上にゴーカート

  3. 堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

    堺市ほか、大阪モノレール延伸を府に要望、投資額2000億円超

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域プロデュース拠点となる道の駅、地方創生を目指す

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 公共工事激減でも建設業が元気なまち(岩手県紫波町)

  9. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  10. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

アクセスランキングをもっと見る

page top