日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省 画像 日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省

マネジメント

国土交通省は、日本特有となっているタクシー車両の基準を緩和すると発表した。

車両の安全性の向上や運行面の安全対策が進んでいることや、自家用自動車を用いて旅客を運送する自家用有償運送で車両の安全上の問題が無いため。国際的にも日本特有の規制であることから、タクシーなど、乗車定員10人以下の旅客自動車運送事業用自動車に関する基準を廃止した。

具体的には、座席の寸法に関する基準や、通路の幅と高さに関する基準、乗降口の大きさ、構造などに関する基準、緩衝装置・座席が旅客に与える振動、前方の座席との間隙などに関する基準を廃止する。

基準緩和によってタクシー事業者による車両選択の幅が広がり、より輸送ニーズに応じた事業活動が可能になるとしている。

また、乗車定員11人以上のバスについては、より使いやすいノンステップバスの設計・開発を実現するため、乗車定員に占める座席定員割合に関する基準を廃止した。

6月12日に公布・施行した。

国土交通省、タクシー車両の基準を緩和…車両の選択肢を拡大

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

    レセプト情報や健診情報のビッグデータ活用で健康経営を支援

  2. コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

    コマツ、日本トイレ大賞大臣賞受賞!

  3. 【外食ビジネスウィーク2015】初期費用ゼロでLED化、浮いた電気代でレンタル

    【外食ビジネスウィーク2015】初期費用ゼロでLED化、浮いた電気代でレンタル

  4. 【震災5年-これまでとこれから・6】日本原子力学会会長・上塚寛氏

  5. 大林組、急曲トンネル対応のベルト捻転装置開発

  6. 物流デベロッパー・トップの視点(3):GLP・帖佐義之社長、高級ではなく快適さ追求

  7. リストラなし、離職率ゼロなど評価…「日本で一番大切にしたい会社」発表

  8. 「検疫済みのイチゴを空港で受け取れるサービス」福岡県でスタート

  9. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  10. ハードウェアスタートアップ支援の新サービス、工場のマッチング図る

アクセスランキングをもっと見る

page top