日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省 画像 日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省

制度・ビジネスチャンス

国土交通省は、日本特有となっているタクシー車両の基準を緩和すると発表した。

車両の安全性の向上や運行面の安全対策が進んでいることや、自家用自動車を用いて旅客を運送する自家用有償運送で車両の安全上の問題が無いため。国際的にも日本特有の規制であることから、タクシーなど、乗車定員10人以下の旅客自動車運送事業用自動車に関する基準を廃止した。

具体的には、座席の寸法に関する基準や、通路の幅と高さに関する基準、乗降口の大きさ、構造などに関する基準、緩衝装置・座席が旅客に与える振動、前方の座席との間隙などに関する基準を廃止する。

基準緩和によってタクシー事業者による車両選択の幅が広がり、より輸送ニーズに応じた事業活動が可能になるとしている。

また、乗車定員11人以上のバスについては、より使いやすいノンステップバスの設計・開発を実現するため、乗車定員に占める座席定員割合に関する基準を廃止した。

6月12日に公布・施行した。

国土交通省、タクシー車両の基準を緩和…車両の選択肢を拡大

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  2. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

    主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  3. ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

    ~外国人技能実習生:3~中国とベトナムの実習生最新事情

  4. 日本橋再開発が加速!首都高地下化で検討進む/国家戦略特区制度も視野に

  5. 道路舗装大手7社の16年4~9月期決算。増収2社、営業増益2社

  6. 設備工事上場大手10社の16年4~6月期決算、受注高が増加傾向

  7. 証券会社に「アニメ」「声優」の波、若者取り込みに効果

  8. 主要ゼネコン26社の16年4~12月期決算、6割で受注高が増加、工事採算の改善が続く

  9. ミズノ、作業服事業に本格参入/19年度に25億円目標

  10. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

アクセスランキングをもっと見る

page top