日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省 画像 日本ローカルなタクシー車両の規制を緩和――国交省

マネジメント

国土交通省は、日本特有となっているタクシー車両の基準を緩和すると発表した。

車両の安全性の向上や運行面の安全対策が進んでいることや、自家用自動車を用いて旅客を運送する自家用有償運送で車両の安全上の問題が無いため。国際的にも日本特有の規制であることから、タクシーなど、乗車定員10人以下の旅客自動車運送事業用自動車に関する基準を廃止した。

具体的には、座席の寸法に関する基準や、通路の幅と高さに関する基準、乗降口の大きさ、構造などに関する基準、緩衝装置・座席が旅客に与える振動、前方の座席との間隙などに関する基準を廃止する。

基準緩和によってタクシー事業者による車両選択の幅が広がり、より輸送ニーズに応じた事業活動が可能になるとしている。

また、乗車定員11人以上のバスについては、より使いやすいノンステップバスの設計・開発を実現するため、乗車定員に占める座席定員割合に関する基準を廃止した。

6月12日に公布・施行した。

国土交通省、タクシー車両の基準を緩和…車両の選択肢を拡大

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

    国交省が工期設定の考え方を公開、日建連は算定プログラム作成へ

  2. 国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

    国交省、土木詳細設計に「赤黄チェック」の全面導入推進

  3. アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

    アルバイトが感じる上司の理想と現実、最大のギャップは何?

  4. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  5. ゼネコンの16年新卒採用、5年連続拡大、17年春も同規模見込む

  6. 錦織圭のエピソードも……経営課題解決メディア「経営プロ」がオープン

  7. 東鉄協定例会、請負単価下落に危機感、社保加入促進にも影響

  8. 全鉄筋、都内で50周年記念式典…今後も社会に的確に対応

アクセスランキングをもっと見る

page top