約100社が自慢の“海の幸”を展示!明日から2日間、仙台で東北復興商談会開催 画像 約100社が自慢の“海の幸”を展示!明日から2日間、仙台で東北復興商談会開催

インバウンド・地域活性

 16日、17日の2日間、宮城県仙台市の仙台国際センター展示棟で「東北復興水産加工品展示商談会2015」が開催される。東北の水産加工業者が自慢の“海の幸”の販路を回復・拡大できるようにするのが狙いだ。

 会場の展示ブースでは、被災地の水産加工業者約100社が集まり、水産加工品を展示。国内外のバイヤーとの商談の機会が設けられる。

 また、会場ではセミナー開催も予定しており、「『震災から4年~販路回復に向けて』フォーラム」や「『アジア・アメリカ市場の現状と輸出ビジネス成功のヒント』パネルディスカッション」、「通信販売~お客様に買ってもらえる商品を作る3つポイント」、「東南アジア、中東からの観光客に売るためのハラル基礎セミナー」など、そのテーマは多岐にわたる。

 東北の被災地から水産加工品を仕入れたいと考えているバイヤーや、水産加工品を使って新たなビジネスを展開しようという起業家などにはビジネスチャンスの大きなきっかけとなりそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  8. 八重洲二丁目中地区再開発、インターナショナルスクール誘致も

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 熊本桜町地区の大規模再開発、大型MICEのほかシネコンも

アクセスランキングをもっと見る

page top