約100社が自慢の“海の幸”を展示!明日から2日間、仙台で東北復興商談会開催 画像 約100社が自慢の“海の幸”を展示!明日から2日間、仙台で東北復興商談会開催

インバウンド・地域活性

 16日、17日の2日間、宮城県仙台市の仙台国際センター展示棟で「東北復興水産加工品展示商談会2015」が開催される。東北の水産加工業者が自慢の“海の幸”の販路を回復・拡大できるようにするのが狙いだ。

 会場の展示ブースでは、被災地の水産加工業者約100社が集まり、水産加工品を展示。国内外のバイヤーとの商談の機会が設けられる。

 また、会場ではセミナー開催も予定しており、「『震災から4年~販路回復に向けて』フォーラム」や「『アジア・アメリカ市場の現状と輸出ビジネス成功のヒント』パネルディスカッション」、「通信販売~お客様に買ってもらえる商品を作る3つポイント」、「東南アジア、中東からの観光客に売るためのハラル基礎セミナー」など、そのテーマは多岐にわたる。

 東北の被災地から水産加工品を仕入れたいと考えているバイヤーや、水産加工品を使って新たなビジネスを展開しようという起業家などにはビジネスチャンスの大きなきっかけとなりそうだ。
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

  9. 紙ではなく金網の折り紙!? 熟練職人の遊び心によるアイデア商品

  10. 自動化できない「曲げ寸法公差1mm」を実現するハンマー職人

アクセスランキングをもっと見る

page top