事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談 画像 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

マネジメント

 12日、山形県、福島県、山口県、長崎県の4県に新たに事業引継ぎ支援センターが設置された。後継者問題など、事業の継続や継承、譲渡などについて、専門家が無料で相談を受ける。

 事業引継ぎ支援センターは、2011年のいわゆる「産活法」の改正を受け、特に需要が多く支援体制が整っている地域に設置が進められている機関。これまでに東京や北海道、沖縄など全国20の都道府県に設置されており、今回の新規開設で計24か所となる。

 中小企業や小規模事業主は後継者不足による事業継続が困難になるケースが多く、事業継承の手段としてのM&Aなどが注目を受けている。だが、民間によるM&A支援は収益性が高い大規模事業者向けが主流で、中小企業ではなかなか支援が進まない状況が続いていた。こうした状況を受けて設立された事業引継ぎセンターでは、M&Aのほか、企業希望者など外部の人材とのマッチングといった形で事業継承者の発見を支援している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  2. 自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

    自動車メーカー主要3社も水素ステーション整備事業に支援を表明――1基1100万円/年

  3. いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

    いらない営業習慣、「朝会」「接待」を抑えて1位になったのは?

アクセスランキングをもっと見る

page top