事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談 画像 事業引継ぎ支援センター、新たに山形、福島、山口、長崎の4県に設置……中小企業の後継者問題に無料相談

マネジメント

 12日、山形県、福島県、山口県、長崎県の4県に新たに事業引継ぎ支援センターが設置された。後継者問題など、事業の継続や継承、譲渡などについて、専門家が無料で相談を受ける。

 事業引継ぎ支援センターは、2011年のいわゆる「産活法」の改正を受け、特に需要が多く支援体制が整っている地域に設置が進められている機関。これまでに東京や北海道、沖縄など全国20の都道府県に設置されており、今回の新規開設で計24か所となる。

 中小企業や小規模事業主は後継者不足による事業継続が困難になるケースが多く、事業継承の手段としてのM&Aなどが注目を受けている。だが、民間によるM&A支援は収益性が高い大規模事業者向けが主流で、中小企業ではなかなか支援が進まない状況が続いていた。こうした状況を受けて設立された事業引継ぎセンターでは、M&Aのほか、企業希望者など外部の人材とのマッチングといった形で事業継承者の発見を支援している。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

    国交省/発注関係事務、16年夏に統一指標/重点項目に予定価格・設計変更・平準化

  2. 日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

    日本造園企業年金基金、加入対象業種を大幅拡大

  3. 物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

    物流デベロッパー・トップの視点(4):野村不動産・山田譲二物流事業部長、高機能型施設にこだわり

  4. 飲食店経営に新機軸…複数メーカーのPOSデータを統合管理

  5. 2015年上半期、自動車国内生産実績は、8.2%減の465万0840台

  6. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

  7. 2019年をピークに建設市場は縮小……“量から質へ”需要転換が本格化

  8. JTB社長に聞く2016年の観光振興

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(7):三井物産ロジスティクス・パートナーズ、質重視で既存施設を再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top