自治体・観光協会向けアプリのプラットフォーム、グレッグ「また旅」のビジネス戦略 画像 自治体・観光協会向けアプリのプラットフォーム、グレッグ「また旅」のビジネス戦略

インバウンド・地域活性

 グレッグは、観光アプリ「また旅」を展示・デモしている。

 同アプリは自治体や観光協会が、手軽に情報発信を行うことを目的に開発された、いわばプラットホーム。個人や公式サイトと連携するのが特徴だ。代表取締役社長の井関容司郎氏は「10000万人が1回来るよりも、100人が100回来る」というリピート性が大切と話す。それには、個人といかにつながっていくかがキーとなる。同アプリは、公式アプリに投稿すると個人のFACEBOOKにも投稿されるなどの連携機能がウリとなっている。

 導入実績は小笠原村観光局公式アプリ、高野山観光協会公式アプリ、猪苗代観光協会公式アプリほか、日光観光協会、兵庫県朝来市などがある。

 実は、インバウンド需要を見込み、この分野へのアプリ参入は多く競合も激しい。事実、展示会に行くと観光アプリをよく見かける。井関氏は「こういうアプリはハードルが低い。しかも、作ったら横展開できるイメージがある。しかし、正直自分でやってて、そんなに簡単に横展開できるものではないというのがわかる。自治体の人もそんなにIT詳しくなかったり、民間企業のようにすぐやろうという具合にはいかない。営業のリードタイムが長いのでビジネスにならないことも多く、目先のお金を目的にやってたら続かないし、撤退も早い。我々は、最後まで残ってしっかりいいものをバージョンアップしてやっていければいいと考えている」と話している。

 同アプリにはフォトコンテストの機能もあり、高野山観光協会では同コンテスト機能を使用しながら、口コミの情報や写真を増やしていった。

【Interop 2015 Vol.33】観光アプリで生き残るために……グレッグ「また旅」

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

    【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  4. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  5. 和歌山市の市民文化交流センター計画、和歌山城を意識した外装デザインに!

  6. 豊洲に高さ180mのマンション、東京ガスの現所有地に計画

  7. 岐阜県らがリニア新幹線・岐阜駅周辺整備で概略設計作成、17年度の事業認可めざす

  8. 東京メトロ、民間連携で駅舎機能の高度化推進…専門チーム中心に

  9. どうなる、新国立競技場? システム関連はスポーツ振興センター

  10. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

アクセスランキングをもっと見る

page top