オープンなIoTプラットフォームで異業種をつなぐ――ぷらっとホーム 画像 オープンなIoTプラットフォームで異業種をつなぐ――ぷらっとホーム

IT業務効率

 ぷらっとホームは「Interop Tokyo 2015」にて、8日に発表されたIoT(Internet of Things、モノのインターネット)プラットフォームのソフトウェア製品群「Plat’Data Processing」を出展した。

 「Plat’Data Processing」は、センサーなどさまざまなIoTデバイスとIoTアプリケーションの間を取り持つソフトウェアだ。センサーから出されたIoTデータの送受信を行うソフトウェア「PD Emitter」と、その「PD Emitter」から受け取った大量なデータをセキュリティ面に配慮し安定的に処理する「PD Exchange」、そしてそれらに付随するIoTアプリケーションから構成されている。

 「PD Emitter」はオープンソース・ソフトウェアで、すでにダウンロードが可能だ。Amazon Kinesis/Redshiftなどクラウドサービスにも対応している。一方の「PD Exchange」は、例えばセンサーから温度と湿度のデータが同時に送られた際に、それぞれのデータを別のアプリケーションに配信することなどもできるという。開発目的(非商用)であれば、期間は問わず利用は無料で、正規に利用する段階でライセンス料が発生する(100万円/プロセッサ※物理CPU単位)。

 これまで同社はIoTの分野では、ハードウェアのみの展開だったが、この製品のリリースによって、IoTサービスの川上から川下までカバーが可能になった。

 今回取材に応じてくれた同社の代表取締役社長を務める鈴木友康氏は同製品について、「構想は2005年頃から。完全に弊社独自のシステムで、他社はやっていない。IoTだからこそ、とにかくオープンにしたかった。これが広がれば、IoTを通じて異業種の企業どうしがさまざまなことができるようになる」と期待を寄せる。

 また、「PD Emitter」のオープンソース化や「PD Exchange」の開発用途における無料化についても、「納得行くまで使って、それから使ってもらえればいいと考えている。IoTが定着しなければ、世の中が良くならない。だから、囲い込みも絶対にやらない」と断言。すでに、製造業界やヘルスケア業界などと話を進めており、「今年度中には、100社に導入してもらいたい」(鈴木氏)としている。

【Interop 2015 Vol.31】「IoTが定着しなければ、世の中は良くならない」……ぷらっとホーム・鈴木社長

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

    NHK『超絶 凄ワザ!』の対決に初めて参戦した国の機関とは?

  2. 【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

    【ITで攻めの農業:3】圃場のクラウド管理で一等米を増産!

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【定額制ビジネスに勝算あり:1】ワイシャツレンタル、会社員ニーズを掴む

  5. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  6. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  7. 日建連専門部会が洋上風力発電の促進で報告書。基地港湾と専用作業船必要、課題はコスト

  8. 富士教育訓練センターでドローン技能者を育成、若者や中途採用者を確保

  9. ガンダムまであと一歩?全長4メートルの人型ロボット登場!

  10. 「ものづくり中小企業」の真のつよみ

アクセスランキングをもっと見る

page top