島根県の企業立地促進条例利用でイードが開発拠点を松江市に新設 画像 島根県の企業立地促進条例利用でイードが開発拠点を松江市に新設

インバウンド・地域活性

 RBB TODAY、レスポンスなどのウェブメディアを運営するイードが、島根県松江市での開発拠点「松江ブランチ」開設に向け、島根県の企業立地促進条例に基づく立地計画認定書の交付を受けた。

 松江ブランチはイードのウェブサイトの中核システムの開発拠点として新設するもの。サイトの運用や改修、機能追加などを行う予定だ。島根県では2014年4月に企業立地促進の助成金制度を施行しており、製造業やソフト産業、ソフト系IT産業で立地計画認定を受けた企業に対し、7億円から12億円を上限とした助成金が交付される。今回の拠点はこれを利用しての新設となる。

 松江ブランチは11日に立地計画認定書の交付を受け、イード、島根県、松江市の三者で覚書を締結。8月初旬に松江ブランチを開設し、スタート時は3名、2018年までに9名程度まで体制強化を行っていく見通し。
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減、バス業界の今後は?:2

  3. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  4. 仙台駅前/さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  5. スラムを住みたい街に変えた復興術-ジョンソンタウン編-

  6. ~地方発ヒット商品の裏側~町工場の技術が生んだ「魔法のフライパン」

  7. JR東日本「品川開発プロジェクト」で国際交流拠点を創出

  8. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  9. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発、各社の戦略は?

  10. 【地方発ヒット商品の裏側】精密機器メーカーが国内唯一の「ハンドベル」を作るようになった理由――群馬県・アプリ

アクセスランキングをもっと見る

page top