女性オペレータに使いやすいトラクタ――井関が開発 画像 女性オペレータに使いやすいトラクタ――井関が開発

インバウンド・地域活性

井関農機は、農業女子トラクタプロジェクトで開発した、農業女子目線で「使いやすくて、乗りたくなる」トラクタ、『しろプチ』(Z15-JW)を9月から発売すると発表した。

これまで、農業機械のオペレータの大半は男性が担っており、農業機械も男性目線で作られてきた。最近では、農業機械オペレータ分野でも女性農業者が増えてきていることから、女性が扱いやすい農業機械の要望が高まっている。

これを受けて同社は、女性農業者が求めるトラクタの商品化を目的に「農業女子トラクタプロジェクト」を開始した。

女性から見た現在のトラクタは、小柄な方では「乗り降りしづらい」、「シート位置が悪く足がペダルに届かない」などの意見がある。これら農業女子の方の生の声を聞きながら、女性ならではの視点で選んだ装備を搭載し、デザインにもこだわった製品を開発した。

「しろプチ」は、従来のカラーにはない、明るいホワイトカラーを機体に採用し、イメージを一新した。農業女子限定装備として凹凸の多い圃場でも長時間、快適に作業できるように前後調整機能付きサスペンションシートや、乗り降りしやすい補助ステップ&補助グリップ、日差し除けのサンバイザ、給油が楽な燃料給油台を標準装備する。

販売計画は年間100台。価格は137万2680~149万1480円(ロータリ付)。

井関農機、農業女子向けトラクタを開発…明るいホワイトカラーを採用

《編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

    <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  6. 広島県三原駅前東館跡活用/図書館棟と広場、ホテル棟も

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 上諏訪駅東口駅前ビル、1階には 「ツルヤ」が入居

  9. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  10. 東京メトロが駅周辺連携プロジェクト、門前仲町ほか3駅で再開発検討/地元への提案活動強化

アクセスランキングをもっと見る

page top