「ひろしま観光立県推進基本計画」で観光客数6,000万人を定着させたい――広島県知事

インバウンド・地域活性

湯崎英彦広島県知事
  • 湯崎英彦広島県知事
  • ガイドブックの表紙は奥田民生氏
  • 広島県の近年のプロモーション
  • 観光客数6000万人超えを定着させたい
  • カンパイ!広島県には467件ものグルメ、スポット情報が掲載
  • スローガンの説明
  • 女優さんを呼んでのトークセッション
  • ゲストらとフォトセッション(左から遠野なぎこさん、三船美佳さん、湯崎知事、山本モナさん
 広島県の「究極のガイドブック」と銘打たれた「カンパイ!広島県」の記者発表の席において、同県知事湯崎(正しくは「大」の部分が「立」:以下同)英彦氏は「観光を新しい産業のひとつしてブランドの認知に努めたい」と語った。

 広島県では、「ひろしま観光立県推進基本計画」基づき「ひろしまブランド」の確立を目指している。基本計画では、魅力ある観光地づくり、ブランド力・情報発信力の強化、おもてなし充実のための人・設備の整備、国際化を柱にさまざまな活動に取り組んでいる。今回発表された「カンパイ!広島県」は、情報発信力を強化するための施策のひとつといえる。

 知事は続けて「基本計画に基づき、県では観光客数を年間6,000万人超えを定着させたい」と目標を語り、「そのために、今回の『カンパイ!広島県』では、ディープな広島の魅力を存分に伝えるべく467件もの情報を掲載している。」とガイドブックに込めた想いを紹介した。また一連のキャンペーンでは女性をメインターゲットとして、その本物指向に応え、女性の情報発信力に期待しているとした。

 発表会終了後のぶら下がり取材では、ガイドブックのフォローアップ施策について聞いてみた。

「ガイドブックの第3弾(「カンパイ!」は昨年「泣ける!」に続く第2弾)はいまのところ予定はありませんが、ガイドブックの目的は、やはり多くの人に広島に来ていただくこと。フォローアップとしては、実際に来ていただいた観光客にアピールするようなイベントなどを考えたいと思っています。」

 観光以外の産業促進についての質問には、

「産業促進は観光とは別の施策になりますが、都市部のプロフェショナルな人材に移住してもらい、地域の中小・中堅企業で活躍してもらうような定住化促進の政策を考えています。」

と答えてくれた。
《HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  7. 鹿島、洋上風車の急速施工法確立…複数作業構台で別工種同時施工

  8. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  9. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  10. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

アクセスランキングをもっと見る

page top